食道がん 初期

食道がんの初期の症状とは

食道がんは恐ろしい病気ですが、食道がんのかなり初期の段階、つまり食道の粘膜の表面にほんの小さな腫瘍が出来た段階ではほとんど症状があらわれません。

しかし、がんが大きくなるにつれて、食道がんの初期に見られる症状が現われるようになります。

その、「食道がんの初期の症状」とはどのようなものなのでしょうか。

食道の粘膜にがんが出来ると、熱いお茶を飲んだり熱いものを食べたりした時にしみるような感覚を覚えます。人によっては食べ物を飲み込んだ時に痛みを覚えたりする事もあると言います。これは食道の粘膜に異変が起きたために感じるものです。

食道の粘膜の感覚は案外敏感なものです。

「のど元過ぎれば熱さを忘れる」とことわざにも使われる事でもおわかりのとおり、とても熱いものを飲みこんだ時に食道に熱さを感じたり、食べ物を飲みこんだ時にのどから胃へものが落ちて行くのを感じる事は正常な人でもある事です。

そのため、食道の粘膜にがんが出来る事によって感じる「何かを飲みこんだ時に感じる違和感」というものも、その時は「何かおかしい」と感じても、何かものを飲みこむたびに感じるものではないために「気のせいだったのだ」と思ってしまいがちです。これが食道がんの恐ろしいところです。

しかし、食道がんが大きくなりがんの初期の段階を過ぎると、「ものがしみる」という感覚が段々「ものがつかえる」という感覚になって来ます。具体的には食べ物を飲み込んだ時にのど元や胸につかえるような感じになって来るのです。

それは、食道の粘膜に出来たがんが大きくなる事によってその腫瘍が盛り上がって来て食道が狭くなったり食道の壁に当たる部分が固くなって来るために、食べ物が通りにくくなるために起こる事です。

また、食道がんが声帯にちかい場所に出来た時には声がかすれる・かれるという症状が現われる事もありますし、食道は肺や気管支とも隣接しているために、食道にがんが出来ると、咳が出たりたんに血が混じったりする事もあります。

それ以外にも、胸や背中に痛みを覚えたり、嘔吐や吐血といった症状が出る事もあります。

痛みを感じるようになった時には食道がんがかなり進行している可能性がありますので、早めに内科を受診して下さい。

…とは言うものの、心配のし過ぎも問題です。

「のどにものがつかえる」という感覚は食道がんではない正常な人でも感じるものです。また、声がかすれるのは風邪でも起こる事です。

しかし、食道がんを見落とすのも問題です。

ある一定量食べると毎回ものがつかえるような感覚を覚えたり、10日以上経っても声のかすれや咳が治らない場合には内科を受診する事をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク