食道がん 初期症状

食道がんの初期症状は、喉の違和感を感じます。レントゲン検査、内視鏡検査で発見できます。治療法は手術が主で化学・放射線療法があります。がんのステージは深さ転移の有無によって分類します。発生原因は、喫煙・アルコールなどがあります。

食道がんの初期症状とは

食道がんの初期症状は、 熱いものを飲み込んだときにしみる感じや飲み込むときにチクチクする感じがします。
自覚症状の最初として現れるのは喉の違和感です。

違和感を感じたときは、内視鏡検査を受けることをお勧めします。
がんが進行すると喉の違和感を感じなくなることが多く、放置してそのまま進行してしまうことが多いのです。
食道がんは初期には、自覚症状がなく健康診断などの内視鏡検査で発見される食道がんが20%近くあります。

無症状で発見されたがんは早期がんであることが多く治る確率が高いがんです。
食道がんは、初期症状が現れ始めた早期がんでも検査で発見することができます。

検査は食道を通貨する流れをレントゲンで撮影する食道造影検査や内視鏡検査などがあります。
レントゲン検査はがんの大きさ、狭さなど全体映像が見れます。

内視鏡検査は、がんの位置、数、拡がりなどの進展の深さ診断することができます。
粘膜の異常を発見できることと、組織を採取し顕微鏡でがんの細胞の有無の確認を行うことができます。

がんの発生原因は、タバコ・アルコール・熱いものを好んで食べることが主になります。

食道がんの初期症状と治療

食道がんの初期症状が現れたときの治療は、ステージにもよりますがリンパ節転移の可能性がない場合には内視鏡による切除がせきます。

ステージはがんの深さや転移の有無によって分類されます。
粘膜内に留まっていても拡がりが大きいときには、内視鏡的治療は難しくなります。

粘膜下層までがんが達していると転移の可能性があるため、放射療法も平行して行うことになります。
食道がんの初期症状の発現時にはほとんど、0期にあたりがんが粘膜にとどまっているものでリンパ節や他の臓器にがんが認められないものです。

0期に発見されることは少なく、治療法は手術で切除する方法が標準的となっています。
手術を行うことで発生する病気があります。肺炎や縫合不全という縫い目のほころび、肝・腎蔵などの障害が発生することもあります。
これらの合併症により死亡する率は2~3%です。
食道がんの初期症状の発生から治療開始まで早ければ早いほど完治の確率も上がります。

化学療法や放射線を行うことで手術をしなくても治ったという患者さんの報告もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク