小腸癌

小腸癌は、世界中でも患者数がまれな癌です。症状は、腺癌を発症すると出血するため血便が出ます。また腹部膨張、嘔吐を伴います。内視鏡検査で腫瘍の有無を確認します。治療は、手術、化学療法、放射線療法を行います。

小腸癌とは

小腸癌は、日本で1万人に1人いるかいないか程の患者数でとても稀な病気です。
アメリカでも1年間に10万人に2人未満の発症数です。小腸癌の種類は、腺癌、肉腫、カルチノイド、消化管間質腫瘍、リンパ種の5種類あります。この中で最も多く発症するものは、腺癌で小腸の内側の腺細胞で発生します。

腫瘍が成長すると腸を塞ぐことがあります。腺癌は、胃の近くの部位に発生することが多く口から内視鏡を入れ腫瘍の検査をします。癌と手術前に診断がつくのは全体の50%で小腸閉塞と関連して見つかることが多くあります。

小腸癌の発生危険因子は、高脂肪性の食事の摂取、クローン病がある、家族性腺腫性ポリポーシスなどがあります。

小腸癌

小腸は胃と大腸の間にアル消化管ですが、小腸は表面の90%にもおよぶ。そして、大腸のものと比べて、小腸の腺癌の発生は1/50です。

小腸の腺癌はポリープ、および個々の合意からの世代などのポイントで密接に腸の大きい癌に類似しています、そして、同様の発生のパターンが国のそばにあります。

小腸の癌は、操作の前に診断を付かせる全体の50%であり、しばしば小腸閉塞と関連して見つけられます。 要するに、それは処理の外科の操作です。 予後は提示されたステージに依存します。

放射線療法と化学療法は辛くも理解されていますが、ほとんどの医師が腸のモデルの大きい癌の治療を適用しています。 小腸癌の発生が珍しい理由がはっきりさせられるなら、直腸癌の新しい予防手段の発見に通じそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク