子宮頸がん 症状

子宮頸がんの症状について。宮がんは女性の性器のがんです。子宮は膣に近い頸部と、その奥の大部の二つに大別されます。子宮がんにも子宮頸がんと子宮体がんとがあり、その8割は子宮頸がんだと言われています。

子宮頸がんの症状について

子宮頸がんの症状は、どのようなものがあるでしょうか。まず子宮がんは女性性器のがんです。子宮は膣に近い頸部とその奥にある大部の二つに分けられ、そのがんにも二種類あります。子宮頸がんと子宮体がんです。

その8割は子宮頸がんだと言われています。その両方に共通する症状の怖いところは、膣や骨盤に広がり、リンパ節から全身へ転したり、近くの臓器へ転移していってしまうところです。

子宮頸がんの症状の進行(ステージ)

子宮頸がんの症状がはどのように進行するのでしょうか。子宮頸がんが進行するステージは、異形成上皮(軽度→中程度→高度)→上皮内がん→浸潤がんと進行していきます。

子宮頸がんの症状はどんなものがあるの?

子宮頸がんの症状は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。子宮頸がんの症状は閉経後(1年以上月経がない場合)や、閉経周辺時期の不正性器出血が特徴とされています。

また月経でもないのに、出血がみられたり、色のついた織物がある場合も危険な信号です。悪臭のするおりもの、月経周期不順や月経過多等の異常、下腹部の激しい痛みや重苦しい感じがあるあ場合なども子宮がんの可能性を疑ってください。

子宮頸がんの症状は自覚できる?

子宮頸がんの症状は自覚症状がまずありません。月経が不順になったり、出血やおりものあらわれてきます。さらに進行していくと普段なにもしていなくても下腹部の痛みや発熱、排尿困難、排便困難といった症状が起きてきます。

さらに全身に転移すると、食欲不振や体重減少などがあらわれ、かなり重い症状になってきます。このような症状になる前に少しでも異変を感じたら医師に相談するか、検査を受けて適切な治療を受けることをお勧めします。

定期検診を受けて病気の進行を予防しましょう。子宮がんの検診はなんらかの症状が出た場合、自分で病院へ行って検診するケースと各市区町村が行っている集団検診があります。

自分で病院へ行く場合は自費になりますが、各市区町村主催の集団検診を受けると全額や一部費用を自治体が負担してくれるので、経済的にも気軽に検診をうけることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク