子宮頸がん 再発

子宮頸がんとは、子宮がん全体の8割を占めるがんです。再発のリスクも高いこの病気の原因や予防法などの情報を知ることにより、この恐ろしい病気を防ぐことが可能です。

子宮頸がんと再発性子宮頸がん

子宮頸がんという病気が最近になり若い女性の間で増えています。そもそも子宮がんには、子宮の入り口に発生する子宮頸がん。そして子宮の内膜に発生する子宮体がんとがあります。

しかし、子宮がんにおける子宮頸がんの割合は70%~80%と圧倒的に多くを占めています。以前は40代から50代の女性に多く見られたこのがんですが、最近では20代などの若い女性にも多く見られるこの子宮頸がんですが、なぜ急にこのような事態になっているのでしょうか。

この子宮頸がんの原因といわれているのが、ヒトパピローマウイルスという細菌です。

この子宮頸がんは再発すると子宮ではなく、体の別の個所に発生してしまうことも特性のひとつです。これを再発性子宮頸がんと言います。

こうなってしまうと発見が遅れてしまうことが多く、死亡のリスクも増えてしまう為に充分に注意が必要です。

子宮頸がんの発生と再発の予防

子宮頸がんの恐ろしいところは再発性といえるでしょう。このがんはからだの違う場所に再発することがあるために、発見が遅れて手遅れになってしまうケースが多くあります。

そのような最悪の事態を防ぐために、よく注意しておくことが必要です。しかしながら、再発の恐れがあるのは子宮頸がんの発見が遅れてしまった場合に限ります。早期にがんの発生を発見しておけば再発することはありません。

また、がんという病気は早期に発見することが出来れば比較的簡単に治療することが可能です。ですので、少しでも心配だと思ったならばすぐに診察、検査などを行うことをおすすめします。

しかしながら、がんという病気は自覚症状が現われ難い病気ですので、がん以外の健康の為にも定期検診などに通うことが一番の対策といえるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク