大腸内視鏡 名医

大腸内視鏡の名医を探せ!

大腸内視鏡の名医は全国各地に大勢います。でもただどこに名医がいるのかト言ってもなかなか見つかりませんよね。

そこで利用していただきたいのが病院や専門医に関するデータベースを持っている専門サイトです。

大腸がんや直腸

がんの名医には大腸内視鏡や手術の実績を持つ名医が数多く居ます。

大腸内視鏡の名医は関東に多い?

大腸内視鏡の名医を探すためにさきほどの検索サイトで探してみると、どうやら大腸関係の名医は関東に多いようです。

例えば、群馬県立がんセンターは、大腸がん1000例以上の症例をもち、大腸がんの名医がいることで有名な病院です。

早期がん発見に対する内視鏡的治療にも実績があります。また、東京都の癌研究会有明病院も内視鏡で有名であることから、大腸内視鏡の名医がいるとされます。

大腸がんを早期発見するために、従来の便潜血検査と直腸・S情結腸内視鏡検査(シグモイドスコープ)を併用し、大腸がんの早期発見に努めています。

そしてこのような名医は大腸内視鏡の経験が豊富なだけでなく、手術経験も豊富で検査結果が悪かったときも信頼して治療を受けることができます。

大腸内視鏡の名医による検査費用

大腸内視鏡の名医による検査費用は、ケースバイケースで一概にいくらということはできません。

ただ目安として、2割負担で検査のみ受けた場合5,000円くらいから、3割負担で7,000円くらいからになります。

本人の症状や検査を受けた経緯などによっても費用は左右されますので、費用については直接ドクターにご相談ください。

大腸内視鏡名医による検査内容

大腸内視鏡名医による検査の流れを、病院での前処置や挿入法を体験段にそってご説明します。

(1)2リットルの下剤を飲んで町内を洗浄します。

(2)便が透明になるまでトイレで排便します。

(3)検査着に着替えて内視鏡室へむかいます。

(4)看護師さんから大腸内視鏡検査の説明を受けます。

(5)検査室のベットへ横になり、注射をうたれます。

(6)いよいよ検査開始です。肛門から直腸にカメラを挿入し、腸の内部を観察してもらいます。

(7)検査終了後回復室で休みます。

(8)結果が出たら詳しい説明を聞きます。

大腸内視鏡は名医であってもやっぱり怖い

大腸内視鏡はいくら名医が行うといってもやはり不安があると思います。

おしりの穴からカメラを入れられるなんて、想像するだけで、おしりがもぞもぞしてしまいます。

でも、大腸がんが急増している近年、こういった効果的な検査を受けることはあなたの健康を守るためにとても意味があります。

恥ずかしいのは皆同じです。少しでも異常を感じたら勇気を出して、大腸内視鏡検診を受けてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク