末期肝臓がん 症状

初期~末期肝臓がん(肝細胞がん・胆管細胞がん)の症状

肝臓に出来るがん(悪性腫瘍)には肝臓を原発巣とする原発性肝臓がんと他の臓器や器官から転移して来た転移性肝臓がんがあります。

原発性肝臓がんの中でも肝臓のどこにがんが出来るかによって呼び名が変わります。

普通は肝細胞ががん化する肝細胞がんの事を「肝臓がん」と呼びますが、厳密に言えば、肝細胞だけが肝臓の中でがん化するわけではありません。

胆管と呼ばれる、肝臓から胆嚢へと胆汁を送るための管を組織する細胞ががん化する胆管の中でも肝臓内の胆管の粘膜の上皮細胞にがんが発生する「胆管細胞がん」(ちなみに通常、「胆管がん」と言えば肝臓外の胆管に発生するがんの事を言います)、「胆管嚢胞腺(たんかんのうほうせん)がん」も肝臓に出来る腫瘍です。

気になるのが肝臓にがんが出来るとどのような症状が現われるのかという事ですが、肝臓がん特有の症状というのは腹部にしこり・圧迫感・痛みがある、お腹が張ったような感じがするくらいのもので、実はあまりありません。

よく、肝臓がんの症状とは「腹水がたまる・むくみが出る・出血傾向が見られる・肝性脳炎になる」など、よく言われる「肝臓がんの症状」とは、実は肝硬変に伴って現われる症状なのです。

肝臓がんとは肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎を発症し、肝臓に炎症が繰り返される事によって肝硬変になり、肝臓にがんが出来るという経路で発症する事が多いため、このような事になるのです。

そして、末期肝臓がんになると、上記の症状にプラスしてがんが原発巣である肝臓から他の臓器や組織に転移して転移先の臓器特有の症状(たとえばがんが骨に転移すると骨に痛みを感じるなど)が現われる事もあります。

それも他の臓器や器官のがんも転移すればその転移先の臓器や組織特有の症状が現われますので、これも「肝臓がん特有の症状」とは言い難いでしょう。

ちなみにもう一つの肝臓がんである胆管細胞がんについては、倦怠感がある・上腹部に痛みがある・黄疸が出るなどの症状が現われるという話もありますし、胆管細胞がん特有の症状はないという話もあります。

胆管が閉塞する事によって黄疸が現われる事がありますが、肝門部にがんが発生した場合には早期に胆管が閉塞するために黄疸が早期に現われてがんが見つかる事もありますが、かなりがんが進行しないと症状が現われない事もあります。

「がんを初期の段階で見つける事は難しい」とは肝細胞がんだけではなくて胆管細胞がんにも当てはまる、そして、「症状が現われて医療機関を受診したら『(肝細胞がん・胆管細胞がん含む)肝臓がんが相当進行している』と言われた」、ひどい時には「『末期肝臓がんだ』と医師から言われた」という事もあり得るのが肝臓がんの特徴であると言えましょう。

肝臓がんについては上記のとおり肝炎ウイルスの感染によるものが多い事が解明されていますが、胆管細胞がんについてはその原因は不明です。

そして、肝細胞がんについては上記のとおり、肝硬変を伴っている事が多いのですが、胆管細胞がんについては肝硬変を伴う事はあまりないとの事です。

肝臓がんの治療法はステージ(病期)だけではなく、肝機能も考慮に入れてその治療法が決定されますが、胆管細胞がんは肝硬変を伴う事が少ないために肝機能が良好である事が多く、外科(手術)療法が主な治療法です。

ここまで書くと同じ肝臓がんでも肝細胞がんと胆管細胞がんでは胆管細胞がんの方が治療しやすいように錯覚してしまいますが、そうではありません。胆管細胞がんは腫瘍が大きくなる事が多いため、切除する面積が大きくなる事が多いので、大手術になる事が多いのが現状です。

それに、前述のとおり胆管細胞がん含む肝臓がんとは早期に症状が現われない事から早期に発見出来ない(ひどい時には発見された時には末期肝臓がんだという事もあり得る)ため、肝切除(手術)の対象にならないケースも多いのです。これは狭義の肝臓がんである肝細胞がんにも言える事です。

胆管細胞がんの予後は残念ながら不良です。正直な話、予後(生存率)だけを取り上げれば、狭義の肝臓がんである肝細胞がんの方が良いのが現状です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク