肝臓がん ラジオ波治療

肝臓がんの局所治療の主流・ラジオ波治療(ラジオ波焼灼療法)は転移性肝臓がんにも使用されつつある

肝臓がんは肝機能に問題がなく、患者さんの体力にも問題がない、そして、他の臓器に転移がない場合には外科(手術)療法が主流です。それは肝臓は切り取られてもまた再生するためです。

しかし、その条件を満たさない場合は他の治療法を選択する事になります。

その、肝臓がんの外科療法以外の治療法としては動脈塞栓療法など様々な治療法がありますが、中でも注目したいのがラジオ波治療(ラジオ波焼灼療法)です。最近では局所治療の主流になりつつあるという話も耳にします。

局所治療というのはどのような治療なのかと言えば、治療による影響をがんやその周囲だけに限定して行う治療の事です。

「どうして局所治療が必要なのか」と疑問に思われそうですが、これは結構問題です。

例えばがんを手術で摘出するとします。その時にはがんが出来ている組織の周囲をより広い範囲にわたって切り取った方ががんの再発の危険性が少なくなるために、肝機能や患者さんの体力に問題がなければそのようにすると聞きます。

しかし、それを逆に言えば肝機能に問題があって患者さんの体力が手術に耐えられないと判断出来る場合にはそれは不可能だという事になります。

蛇足ながら肝臓は解毒やたんぱく質の生産など生命活動にかかわる臓器ですので、肝臓を全部摘出する事は出来ません。

ですから、手術で再発の危険の少なくなる範囲まで切除出来ないのであれば別の治療法を行う事を考えなければなりません。

そこでがん細胞やその周囲だけにその影響を限定した局所治療です。そして、前述のとおり、局所治療の主流がラジオ波治療なのです。

ラジオ波治療とは簡単に説明すればラジオ波という特殊な波動を利用してがん細胞を直接焼いて死滅させる治療法です。

それと似たような治療法にエタノール注入法という治療法がありますが、無水エタノール(純粋なアルコール)によってがん細胞を叩くかラジオ波によってがん細胞を叩くかの違いだと考えて下さって差し支えありません。

ラジオ波による肝臓がん治療もエタノール注入法による治療も抗がん剤とは違ってがん細胞とその周辺の細胞だけに限定して治療を行いますので、治療による副作用が少ないというメリットがあります。

ラジオ波治療がエタノール注入法よりも優れている点は肝臓がんの患者さんがエタノール注入法よりもラジオ波治療の方が治療を受ける回数が少ないために入院期間が少なくて済む事です。何故最近ではこのラジオ波治療が局所治療の主流になっているのかと言えば、短い期間で治療が可能だからです。

肝臓がん局所治療の主流になって来ているラジオ波治療ですが、そのラジオ波治療も肝臓だけにがんが出来ていて、がんの個数が3個までとその個数が少なく、そしてがんの大きさが3cmと小さい場合などに限られて来ました。

しかし、最近では他の臓器から肝臓へがんが転移して来た転移性肝臓がんの治療にもこのラジオ波治療が行われるケースもあると言います。

そのケースもがんのほとんどが肝臓にある事や患者さんが全身化学療法を受けた事がない、あるいはある程度化学療法の効果が現われているなどの条件がつくところが今後の課題と言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク