肝臓がん 治療法

肝臓がんの治療法は様々でも肝臓を出来るだけ残す方向で考えるのは同じ

肝臓がんの治療法については、肝臓に出来た腫瘍とその周囲を切除する「肝切除」の他にも、がん細胞に無水エタノールを注射する事によってがんを死滅させる「経皮的エタノール注入療法」、身体の外からがん細胞へ特殊な針を刺して、その針の先端に通電する事によって高熱を発生させてがん細胞を焼き殺す「ラジオ波焼灼療法」、がん細胞へ栄養を供給している血管を塞ぐ事によってがん細胞を死滅させる「肝動脈塞栓術」など、多様な治療法があります。

しかし、肝臓がんとは慢性肝炎→肝硬変→肝臓がんという経路をたどって発症するケースもあるために、肝臓がんの患者さんは慢性的な病気を抱えている方も多く、そのために肝臓がんのステージ(病期)だけで治療法を選択する事は出来ません。肝臓の状態(具体的には肝臓の予備能)も考慮して治療法を選択する事が必要になります。

肝臓とは解毒など生きて行く上で大切な役目を果たしている臓器ですので、たとえば食道がんのように食道を摘出して胃を食道の代わりとするように、肝臓を完全に摘出して他の臓器を肝臓の再建臓器とする事が出来ません。肝臓がんの治療法として肝移植という選択肢があるのはそのためです。

そして、肝切除の場合でも出来るだけ肝臓を切らない方向で考えるのも、肝臓とはヒトが生きて行く上でなくてはならない臓器だからです。

肝臓とは切られても再生する力がありますが、それでもやはり出来るだけ肝臓を残した方が肝臓への、ひいては患者さんの身体への負担が少ないのは言うまでもありません。

そして、肝臓の切除範囲を狭くするための手術法として、最近では内視鏡手術の一種である腹膜鏡手術も肝臓がんの手術法として取り入れられるようになりました。

また、最近ではHIFU(強力集束超音波)療法が肝臓がんの治療法として注目されています。

HIFU療法とは超音波を一点に集める事によって高熱を発生させ、その熱でがん細胞を焼き殺すという方法でがんを治療する方法です。

直腸から超音波を発生させる装置を挿入して超音波を照射するタイプのものもありますが(前立腺がんなどの治療に使用されるのはこちらです)、肝臓がんで使用されるのは体外から超音波を照射するタイプです。

HIFU療法は放射線療法のように放射線被ばくによる人体への影響もありません。そして合併症もほとんどないというメリットがあります。

HIFU療法のデメリットは一回で照射出来る範囲が狭い事と、人によってはヒリヒリする感じを受ける事です。それ以外にも肋骨に超音波が当たると患者さんが痛みを感じる上に超音波のエネルギーが落ちるために治療効果が薄れてしまいますので、超音波を骨に当てない工夫が必要になる事です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク