肝臓がん ラジオ波

肝臓がんの局所療法~エタノール局注療法・マイクロ波凝固療法・ラジオ波焼灼治療~

肝臓がんの治療法と言っても様々です。

手術でがん細胞を摘出する手術療法や足の動脈から肝動脈までカテーテルを入れ、そこからがん細胞に酸素や栄養を供給している血管に栓をして栄養源を絶つ事によってがん細胞を消滅させる肝動脈塞栓法などの治療法があります。

肝臓は再生力の強い臓器でもあり、切られても元に戻る事が出来るため、肝臓の機能に余裕がある場合には手術療法を選択する場合が多いのですが、残念ながら肝臓の機能に余裕がないなどの理由によって手術療法で肝臓がんの治療が出来ない場合は局所療法や肝動脈塞栓法などの治療法を選択する事になります。

局所療法とはがん細胞やその周辺の細胞に限定してその影響を与える治療法の事を言います。

肝臓がんの局所療法を具体的にお話すると、エタノール局注療法・マイクロ波凝固療法・ラジオ波治療の3種類あります。

しかし、これらの治療法は肝臓の機能にまだ余裕があり、がんの個数が3個以下でかつそれらの大きさが3cm以下でなければ効果が期待出来ません。

肝臓がんの局所治療法であるエタノール局注療法・マイクロ波凝固療法・ラジオ波治療の3種類の治療法の特徴は、局所麻酔をして針を差し込んでじかにがん細胞をたたく治療法なのでお腹を切らずに済むために身体への負担が少ないというメリットがある事です。

もちろん、何事もメリットがあればデメリットもあるものです。

それをご説明する前にそれぞれの治療法についてご説明しましょう。

エタノール局注療法とは、お腹に針を刺し込んで、超音波画像を見てがんの位置を確認しながらたんぱく質を変性凝固させる性質を持つエタノール(エチルアルコール)を直接がん細胞に注入する事によってがん細胞を凝固させてがん細胞を壊死させる治療法です。

エタノール局注療法のメリットは使用する針が細いために肝臓の血管が出血しやすくなっている状態であっても治療が出来る事です。そしてがん細胞が肝臓の血管付近に出来ていたとしてもこの治療法なら大丈夫です。

しかし、エタノール局療法は一度に壊死させる事の出来るがん細胞の範囲が狭いために、何度も治療を受ける必要が生じます。それは、患者さんの入院期間が長期にわたるというデメリットが生じるという事につながります。

マイクロ波凝固療法とはお腹に電極針を刺し込んでエタノール局療法と同じく超音波画像を見ながらがん細胞の位置を確認し、マイクロ波によってがん細胞を焼灼(しょうしゃく)させるという方法で治療をする方法です。

マイクロ波凝固療法のメリットは通電時間が1分間と短いために患者さんの身体に負担をかける事が少ないという事があげられます。

しかし、マイクロ波凝固療法は早い話ががん細胞を焼き殺すという事ですので、がん細胞が出来た位置によってはその周囲の臓器までマイクロ波によって火傷を負わせてダメージを与えてしまうというデメリットがあります。がん細胞が血管付近にあるとその血管までダメージを与える事になり、さらに厄介な事になってしまいます。

そして、最近局所療法の主流になって来ているのがラジオ波焼灼療法です。

ラジオ波焼灼療法はお腹に電極針を差し込んでラジオ波によってがん細胞を焼灼させるという、先にご紹介したマイクロ波凝固療法とやり方が似ていますが、ラジオ波はマイクロ波よりもがん細胞を殺す能力が高いために一度に広範囲のがん細胞を死滅させる事が出来るというメリットがあります。それは患者さんの入院期間が短くて済むというメリットをも生み出します。

しかし、ラジオ波焼灼療法もマイクロ波凝固療法と同じくがん細胞を焼き殺す治療法ですので、そのデメリットもマイクロ波凝固療法と同じく周囲にまでその影響を及ぼしますので、がんが血管付近に出来た場合には血管をも焼灼してしまいますし、場合によっては周囲の臓器にまで影響を及ぼしてしまうという事があげられます。

それ以外にも、お腹に差し込む電極針が太いために患者さんのお腹に電極針を差し込む際に出血する可能性があるというデメリットがあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク