肝臓がん 免疫療法

免疫療法と温熱療法は肝臓がん治療成績を上げる事が出来るか

がんの治療法と言えば外科療法・化学療法・放射線療法が主流でした。

その三つのがんの治療法に免疫療法が新たに加わろうとしています。

免疫療法とは人体が元から備わっている免疫力を高める事で治療をする方法の事を言います。

広義では漢方薬や健康食品を使用して免疫力をアップさせる方法も免疫療法の一種になりますが、ここで言う「免疫療法」とは何らかの方法によって免疫力をアップさせる事によってがんを治療する方法だと考えて下さい。

がんの免疫療法の分類法として、その具体的なやり方の違いについて分類される事があります。その違いを簡単に説明すると下記のとおりになります。

・細胞免疫療法:

免疫にかかわる細胞自体を患者さんから取り出して活性化して増殖させ、患者さんの体内に戻す事によって免疫力をアップさせる方法。

大きく分けると患者さんのリンパ球を取り出して体外で活性化して増殖させたものを患者さんの体内に戻す事によってがんを治療する「養子免疫療法」とも呼ばれる治療法と、免疫に関わる細胞の中でも自分が取り込んだ抗原を自分の細胞の表面に提示してT細胞やB細胞を活性化させる役目を担っている樹状細胞を患者さんから取り出して体外で活性化して増殖させる「樹状細胞療法」に分けられます。

・ワクチン療法:

その名のとおりワクチンを使用する治療法。

患者さん本人のがん細胞を処理して無害化したものを使う方法と免疫細胞の一種・キラーT細胞が認識出来るがん細胞の抗原を使う方法の2種類あります。

・サイトカイン療法:

サイトカインと呼ばれる、免疫細胞が作り出す情報物質を投与する事によって免疫に関わる細胞を活性化させる事によって治療をするという方法。

・生体応答調節療法:

患者さんの免疫系だけを高めるのではなく患者さんの身体全体の働きを良くするように調節してゆく事によって治療効果を高めようとする治療法。BRM(Biological Response Modifiers)療法とも呼ばれます。

この治療法は患者さんの免疫力を低下させてしまう放射線療法化学療法などと併用される事が多く、生体応答調節療法が単独で使用される事はほとんどありません。

・抗体療法:

がん細胞に有効な抗体を使う事で治療する方法。

それ以外にもんに対する免疫にたずさわっている遺伝子を使ってがんに対する免疫機能を高めるという遺伝子治療も研究されています。

また、よく知られている丸山ワクチン(がんに対する有効性が実証されていないため、がんに対する医薬品としては現在も未承認ですが)も生体応答調節療法の一種と言えます。

免疫療法のメリットは抗がん剤などに比べて副作用が少ないという事です。

副作用が少ないというメリットのある治療法は免疫療法の他に温熱療法があります。

温熱療法とはがん細胞が正常な細胞よりも熱に弱いという特性を利用して患者さんの身体を温めたり(全身温熱療法)、がん細胞付近やその周辺だけを温める(局所温熱療法)事によってがん細胞を死滅させる治療法です。

以前から高熱が続いたあとにがん細胞が消滅する事については知られていましたが、本格的な研究が始まったのは1960年代と最近の事で、温熱療法は現在でもまだ標準ながんの治療法としては認められていません。

しかし、肝臓がんの治療として、ここでご紹介した温熱療法とこれまで肝臓がんの治療として行われて来た肝動脈化学塞栓療法とを併用する事によってその効果が高まる事がわかって来ました。

そして、この温熱療法が先ほどご説明した免疫療法の効果もアップさせる事がわかって来たのです。

先にお話したとおり、現時点では免疫療法も温熱療法も肝臓がんの基準的な治療法として確立されていません。

しかし、将来免疫療法や温熱療法が肝臓がんの治療法として確立され、これらの治療法が肝臓がんの治療成績の向上に役立つ事を期待したいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク