肺腺がん 治療法

肺腺がんは、死亡率の高い治りにくいと言われている肺がんの一つです。症状が現れる頃には、既に進行している場合が多く、治療法も限られてきます。その中には手術や化学療法の他にも最近注目されている免疫細胞療法などもあります。

治療法が幾つかある肺腺がんについて

 治療法が幾つかある肺腺がんは、がんの中でも死亡率が高いと言われている肺がんの一つです。

また発症率は他のがんの方が高いのですが、それだけ治りにくいとも言えます。また、肺がんに関しては喫煙による原因が高いと言われています。この他にも大気汚染や一時期話題になったアスベスト、放射性物質などとも関連があるとされています。

しかし勿論肺がんを予防する事も可能で、喫煙者は禁煙する事によって、10年位で非喫煙者と変わらない程度までリスクを少なく出来ます。

 肺がんは、大きく小細胞がんと非小細胞がんの2つに分類され、その中でも肺腺がんは非小細胞がんに属しています。また、非小細胞がんの肺腺がんと肺大細胞がんは、肺野部に出来やすいと言われています。

様々なタイプに分けられる肺がんの中でも一番発生頻度が日本では高いです。また肺の腺細胞から発生するこのがんは、女性については非喫煙者で肺がんになってしまった中で最も多い型です。

 治療法がたくさんある中でも、肺腺がんは症状が起こりにくく、特に肺野部に出来るがんは他の部位に比べ症状が出にくいのが特徴です。

また、肺がんは脳や骨に転移しやすく、肺腺がんは症状が出にくい為、異変を感じる頃には、既に転移などの進行が進んでいる事が多くなります。

肺腺がんの治療法について

 肺腺がんの治療法を決める際には、最近では治療法は多様化しており進歩も早い為、医師の治療方針やメリット、デメリットを充分に考慮して患者さん自身が最終的に決める必要があります。

ですのでセカンドオピニオンやインフォームドコンセントが大切になります。
 肺がんの治療法は、手術や放射線療法、化学療法などがあります。そしてタイプや部位、進行度合い、患者さんの体を考慮して治療法が決められます。

肺腺がんの治療法

 肺腺がんの治療法は、潜在期と0期、Ia期、Ib期、IIa期、IIb期、IIIa期、IIIb期、IV期のそれぞれの段階に合わせた治療をします。

早期に発見された場合は、外科療法が第一選択肢です。また外科療法でも体の負担が少なくすむメリットのある胸腔鏡を使った手術がありますが、高度な技術を要求される為、危険性も考慮しなければいけません。

そして手術が出来ない状態の場合には、放射線療法が選択肢にありますが、副作用を心配しなければなりません。

進行してしまった場合の治療法としては化学療法がありますが、肺腺がんには抗がん剤の効果があまり期待出来ず、使ってしまうと体に耐性が出来てしまう為、さらに効き目もなくなってしまいます。

 そんな根治するのが難しい肺腺がんの治療法として最も有効なのが最近注目されている免疫療法です。免疫療法では、副作用がほとんど無く患者の免疫力を高め、耐性も起こる事がなく、他の局部治療と違い全身治療が行えるメリットがあります。

この他にも新しい治療法がどんどん開発されていますので、肺腺がんでお悩みの方は、色々と情報を収集して最善の治療を選択して下さい。