肺がん 放射線治療

肺がんは放射線治療で治すことが可能です。X線などを使用しがん細胞を死滅させる局所治療ですが、副作用もありますので注意が必要です。

肺がんの放射線治療

肺がんは放射線を使用しての手術でも治療することが出来ます。肺がんは日本人のがんで死亡する確率で、一番高い数字を出しているという恐ろしい病気です。手術も難しく、しかし転移しやすい箇所のがんですので厄介なのです。

しかし、医学の進歩によってさまざまな治療法が登場しています。放射線を使用しての治療もそのひとつです。この放射線治療は、X線などの高いエネルギーを持つ放射線によってがん細胞を死滅させる方法です。

この方法は転移に広がりが見られないような状態の場合行われることになります。開胸をしての手術にも匹敵する高い効果を期待することの出来るこの治療は、さまざまな状況に活躍してくれます。

たとえば脳などの抗がん剤が効きづらいとされている部位にも放射線ならば効果がありますし、骨に転移した場合にも痛みを抑えることが出来ます。

しかしこの治療はがんだけではなく、健康な細胞にも影響を与えるために副作用も確認されています。このような副作用の問題も確認してから治療を行うことが重要だといえるでしょう。

肺がんへの放射線治療による副作用

肺がんへの放射線治療は手術にも匹敵する効果があるとされ、さまざまな場面で活躍してくれます。

しかしがん細胞以外の健康な細胞にも影響を与えるため、副作用も確認されています。肺がんへの放射線治療の副作用としては、微熱、息切れ、皮膚炎、食道炎などがあります。

しかし最近ではがんに集中的に放射できる定位放射線治療というものもありますので、健康な細胞が与えられる影響は少なくすることが出来るでしょう。

また、このような副作用に対しての薬もありますので、苦しい場合は医師や家族に相談し、無理をしないようにすることが重要です。このように、副作用はありますが、最近では副作用も軽くすることが可能で、効果もますます高くなっています。

多くの場面で活躍してくれる治療なので、肺がんへの放射線治療、その副作用、そしてその対策を医師と相談してみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク