肺がん 予防

2009年9月28日

肺がんの予防法とは?

肺がんの予防法として、真っ先に思い浮かぶのは、たばこを控えるという方法なのではないでしょうか?

確かに、たばこと肺がんとの因果関係はかなり深いものがあり、それを控えるのは、肺がんの予防法として、かなり有効です。

そして、たばこのやっかいなところは、吸っている本人だけではなくて、その煙を吸っている人の方が肺がんの発生率が高くなる事です。

本人のためだけではなく、周囲の人のためにも、肺がんの予防法としてたばこを控える事はかなり有効な手段と言えます。

あと、最近問題になっているアスベストも、肺がんの原因になります。これを吸い込まない事も肺がんの予防法になります。

日本ではあまり知られていない原因として、ラドンがあげられます。
ラドンも気体として吸い込まれると、放射線障害を引き起こす危険性が指摘されています。

ウランの鉱山で働いている人だけではなく、地下室や石造りの家の中においてのラドン濃度には注意が必要です。

(日本の住宅内でのラドン濃度の平均値は、欧米と比較すると低い方になるとの事ですが、室内のラドンの濃度が高い住宅も見つかっているという報告もあり、注意の必要な情報ではあります)

これらを総合すると、肺がんの予防法として有効な事は、「肺がんの危険因子を吸い込まない事」になるかと思われます。

危険因子を避ける以外の肺がんの予防法

では、たばこ・アスベストを避ける以外に肺がんの予防法として有効なものはないのでしょうか? 

肺がんの原因がはっきりしない場合が多いため、「これをやったから絶対に肺がんにはならない」というものはありませんが、ある程度、危険因子を避ける事で、肺がんを予防する事は可能です。

具体的には、前章で挙げた「肺がんの危険因子を吸い込まない事」ですが、それ以外にも肺がんの予防法として有効なものはあります。

まず、ベータカロチンを取るというのも、たばこを吸う人の肺がん発生率を低くする事が研究でわかって来ました。つまり、ベータカロチンを取る事も、肺がんの予防法として有効だという事になります。

健康で長生きしたいと考えるのは、みな同じです。

そのためにも、肺がんの予防法として、その危険因子を吸い込まない事、そして、肺がんの発生率を低くする食品を摂取する事、この二つに尽きるかと思われます。