肺がん 転移

肺がんの転移

肺がんは発見が遅れてしまうことによって隣接する臓器や器官、骨などにがん細胞が転移してしまい、治療が難しくなって強います。

肺がんは、酸素を全身に行き渡らせるという役割からがん細胞も転移しやすく、全身のいたるところに転移する可能性がある厄介な病気です。

また、初期症状が風邪と似ているということからも発見が遅れがちになる場合が多く、その場合には発見したころにはすでにがんが進行してしまっているというような状況も少なくありません。

早期に発見さえすることができれば、現在の医療技術ならばがんを治療することは難しいことではありません。

ですので、自分だけはがんにならないというような油断をせずに、体に異常を感じたというような場合には、細かい検査をおこなうことが、肺がんが転移することによって手遅れになってしまうという状況から身を守る最大のポイントです。

肺がんが転移した場合の症状

肺がんは、酸素を全身に行き渡らせるという役割からがん細胞も転移しやすく、発見が遅れてしまうといたるところにがんが転移してしまっている状況になってしまう場合があります。

肺がんの転移しやすい部位は、脳、骨、そして肝臓です。脳へ転移した場合は、けいれん、感覚の麻痺、ふらつきなどがあります。さらに腫瘍が大きくなってしまうと、頭痛や吐き気も伴ってしまいます。

骨への転移の場合、手足、腰の痛み、神経の麻痺、そして骨折しやすくなり、のどが異常にかわいてしまうことがあります。肝臓へ転移した場合には症状はほとんど現れません。

しかし、がんが進行していくことで腹部にしこりが現れたり、黄疸や浮腫、体がだるくなるという症状が現れます。肝臓にがんが転移している場合には、がんは既に全身に転移してしまっていると考えられています。

そのため、抗がん剤での化学療法が必要になるでしょう。このような症状を感じた場合には肺がんが転移している可能性があります。ですので、無理をせずに医師に相談することが重要だといえるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク