肺がん 手術

2009年9月28日

手術での肺がん治療

転移が広い範囲に広がっていない肺がんは、手術で治療することになるでしょう。肺がんは、日本人のがんによる死亡率で一番高い数字を出している恐ろしい病気です。

ですが、最近では医学の発展や医療技術の進歩によって、治療することは難しくなくなりました。肺がんは放っておいて置くと隣接する器官や骨などに転移してしまいます。

範囲が広くまで及んでいる場合には抗がん剤を使用するなどの治療を行うことになると思いますが、転移があまり及んでいない場合には、手術での治療をすることになるでしょう。

最近までがんの治療は難しいとされてきました。しかし医学の発展により行うことの出来る手術の種類が増え、肺がんの手術に慣れた経験、実績のある医師も増えていますので、以前と比べると成功率は大きく上がっています。

恐ろしい病気だという印象が強い肺がんですが、現在の医療技術ならば治療も可能です。手術での治療は現在もなお進歩しているのです。

肺がん手術の種類

肺がん手術はいくつかの種類があり、状況や症状によってどのような手術を行うかは異なります。

あまり症状が進んでいない場合の処置は、患部の部分切除です。この手術の場合、切除する箇所が小さいために患者の体への負担が少なくすることが特徴です。

ですが、完全にがんを取りきることができずに残ってしまうというような可能性もあるようです。部分切除が無理な場合は肺葉を切除することになります。

また、それ以上にがんが進行している場合には、片方の肺を摘出することになるでしょう。もちろん、こうなると体には大きな負担がかかることになります。

このような手術は一般的に開胸しておこなうのですが、最近では胸腔鏡を使用して行うことも少なくはありません。

胸腔鏡とは体に10円玉程度の大きさの穴を開け、そこから胸腔鏡を入れ、手術します。この場合、通常の開胸しておこなう手術よりもずっと患者への体の負担が軽くすむことが特徴です。

ですが胸腔鏡を使用するには高い技術が必要ですので、胸腔鏡を使い慣れた信頼の出来る医師を探すのが重要です。