肺がん 生存率

2009年9月28日

肺がんの生存率

肺がんの生存率は患者の年齢、その他合併症の有無、また、病状がどれほど進んだ状態で発見したかなどによって大きく変わります。肺がんは日本人ががんで死亡する確率の中で、もっとも大きな数字を出している恐ろしい病気です。

初期症状が風邪似ていてわかりづらいために早期発見も難しく、臓器の役割からがん細胞も全身に転移しやすいことが特徴です。肺がんは他のがんと比べても生存率は低く、厄介な病気です。

ですが、医学の進歩によってその生存率は少しずつ上がってきています。ですのでどのような状況になってもあきらめないことが重要です。

インターネットなどで調べることが出来る生存率はデータが古いこともありますし、患者の年齢や合併症があるかないかなどによっても変わりますので、あまり信用しすぎないようにしたほうがいいでしょう。

生存率を見てわかることは、肺がんという病気は早期発見、早期治療をすることが、治療へ一番重要なことだということです。自分だけは肺がんにかからないおは思わずに、生存率を少しでも上げるために、体に異常を感じたらすぐに細かい検査を行うことが重要だといえるでしょう。

肺がんのステージ別生存率

肺がんの生存率は患者の年齢、病状がどれほど進んでいるかなどによって変わります。肺がん以外のがんの場合でもそうなのですが、病状がどれだけ進んでいるか、転移がどれほど広がっているかを判別するためにステージという言葉が使われます。

病状が進んでいない方から、ステージⅠ、そしてステージⅣまでに分けられます。現在発表されている生存率は、ステージⅠで78%、ステージⅡで45%、ステージⅢで20%、そしてステージⅣで4%となっています。

しかし何度も言うように、患者さんによって個人差がありますので注意が必要です。この情報を見てわかるのは、早期発見、早期治療が治療にはとても重要だということです。検査はして損だということはありません。

少しでも体に異常を感じたならば細かい検査を行うことが、肺がんの生存率を上げる重要な事柄だといえるでしょう。