肺がん 末期症状

肺がんの末期症状とは?

肺がんの末期症状とは、咳やたん、そして呼吸困難などの、一般的に言われる肺がんの症状のほかに、どんな特徴があるのでしょうか? 

肺がんが進行すると、がんが転移する事もあります。

そして、そのがん細胞が転移した先が骨だった場合には、骨に激痛を感じたり、骨がもろくなって骨折しやすくなったりしますし、脳だった場合には、頭痛や言語障害・感覚障害、そして、麻痺や歩行障害、さらには人格の変化が見られる事もあります。

つまり、言葉がかなり悪くてまことに恐縮ですが、肺がんが進んで末期症状になってしまう事によって苦痛の中で息絶える、という事もあり得るというわけです。

肺がんの末期症状と向き合うために

では、肺がんの末期症状にまで病状が進行してしまった時、どうすればいいのでしょうか?

なかなか難しい問題を抱えていますが、ここで押さえておきたいポイントは、余命イコール生存出来る限界ではないという点です。

肺がんの末期症状になっても、医師から宣告された余命よりも長く生きた方もおられますし、中には肺がんの末期症状から生還された方もおられます。

もちろん、全員が全員肺がんの末期症状から回復するという事はありません。むしろ、肺がんの末期症状からの回復はかなり厳しいのが現状です。

それでも、前述のとおり、肺がんの末期症状から回復した例もまったくないわけではないのです。私の個人的意見としては、希望を捨てずにそこに活路を見出すのは悪いとは言い切れない。むしろその方が病気と真摯に向き合うという意味で良い事なのではないかと思っています。

肺がんの末期症状について・まとめ

肺がんの恐ろしいところは、初期症状が出にくい上に、気が付いた時には肺がんの末期だった、という事もあるところです。

「私はたばこも吸っていないし、関係ない!」と他人事のように思わないで下さい。

誰でも肺がんになって死ぬ可能性は絶対にないとは言い切れないのですから。

そのためには、肺がんという病気の現状、もっとはっきり言えば肺がんの末期症状と目をそらさないでその問題と向き合う必要はあるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク