肺がん レーザー治療

肺がんのレーザー治療

肺がんはレーザーを使用しての治療も効果的です。肺がんは日本人ががんで死亡する確率で、一番大きな数字を出している恐ろしい病気です。

以前までは治療が難しいとされてきた肺がんですが、最近は医療技術の進歩によってさまざまな治療法が現れ、治療も難しくなくなりました。その中でも注目されている治療法は、レーザーを使用したものです。

病状があまり進んでいない、早期の状態で行われることになるレーザー治療ですが、転移が広まってしまったとなど広範囲に使用することが出来ないということはありますが、手術とは違い、患部を切除することがないということが特徴です。

また、この治療法の一番のメリットは、抗がん剤や放射線を利用したものとは違い、使用後の副作用や後遺症がなく、体に負担をかけることがなく治療するということです。がん治療の一番の問題点は副作用でした。

抗がん剤や放射線を使用しての治療の副作用は苦しく、途中で治療を断念してしまうという方も多かったようです。

ですので、この副作用がないというのは大きなメリットとなるでしょう。肺がん治療にはさまざまな方法が登場していますが、このレーザーを使用してのものは、早期にがんを発見できた場合の大きな選択肢のひとつとなることでしょう。

肺がんをレーザーで治療するメリット

肺がんはレーザーで治療することによって、患部を切除することなく、しかも使用後の副作用や後遺症もないので効果的です。

ですが、この治療法は病状が進行していない場合、ステージでいうとⅠ程度にしか使用することが出来ないということも確認が必要です。肺がんは多発することが多い病気です。

また、喫煙者の方がかかる可能性が高い病気ですので、患部を切除するよりも、肺の機能をあまり損なうことのないように処置することのできるこのレーザー治療は、大きなメリットとなることでしょう。

手術をおこなうことなく、レーザーで治療することができたならば、治療後の回復も早く追う衣装もありませんので、レーザーによる治療ができないかどうか医師と相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク