肺がん 抗がん剤

抗がん剤での肺がん治療

肺がんは早期に発見し、他の器官などに転移していない場合には手術などで治療することが出来ます。ですが、転移し、手術などでの治療が困難になった場合には抗がん剤での治療をすることになるでしょう。

化学療法である抗がん剤を使用しての治療は状況などによってさまざまな種類のものを使用します。

多くは静脈注射、点滴などによって治療を行うことになります。また、効果を上げるために複数の抗がん剤を組み合わせて使用する場合もありますが、この場合、副作用も大きなものもあるでしょう。

この治療の一番の問題は副作用です。抗がん剤での治療は体に大きな負担がかかり、中にはその苦しさに体が耐えられず、途中で治療を断念するという場合もあります。

ですが、最近では副作用への薬などもありますので、このような薬とあわせて治療を続ければ体への負担を軽くして治療を行うことも可能です。

ですので、苦しい場合は無理をせずに医師に相談するといいでしょう。

抗がん剤での肺がん治療の副作用

肺がんが体のいたるところに転移してしまい、通常の治療では治せない場合には抗がん剤を使用しての治療を行うことになります。ですがこの治療は副作用があり、この副作用によって体に大きな負担がかかります。

抗がん剤の種類はさまざまなものがありますので、その種類によって副作用は変わりますが、吐き気やめまい、体重の減少を引き起こします。

ですが、先ほども書いたとおり、抗がん剤にはさまざまな種類があります。その中には副作用が大きいものから、それと比べたらかなり軽いものがあります。ですので、苦しいと感じた場合には無理をせずに医師や家族と相談するといいでしょう。

また、抗がん剤の副作用を軽くする薬もありますので、そのような薬を使用することもいいでしょう。肺がんを抗がん剤で治療するのは苦しいでしょう。ですので、苦しいと感じたならば無理をせずに家族や医師に相談しましょう。

そして、元の健康で笑顔あふれる生活を取り戻しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク