肺がん 検査

2009年9月28日

肺がんの検査

肺がんは日本人のがんでの死亡率で一番高い確率という恐ろしい病気です。この病気を問題なく治療するには、なによりも病状が進んでしまう前に、早期に発見することが重要です。

この肺がんは初期症状が風邪に似ているということもあり、自分では気づきにくい厄介な病気です。そのため、風邪のような症状なのだけれど、いつまで経っても治らないというような体の異常を感じたら、すぐに検査を行うようにしましょう。

現在では、医学の発展により検査の種類にも幅が出てきました。そのため、検査の信頼度も上昇し、より細かい病状を知ることが出来るようになっています。

このようながんなどの病気場合は、放っておいてしまえばどんどんと他の器官に転移してしまい、さらに状況が悪くなってしまいます。ですので、自分ががんにかかる訳がないとは思わずに、怪しいと思ったならば徹底的な検査を行うことが重要です。

肺がん検査の種類

肺がんの検査にはさまざまな種類があります。自分の症状によって受ける検査も違うものになるでしょうから、どのようなものがあるのかを把握しておくといいでしょう。

まずはじめに行うであろう事は、エックス線写真の撮影です。以前は他の臓器や骨によって発見が難しかった写真での判定ですが、CTが導入されて信頼性は大きく上がりました。

その後、問題がありそうな場合は血液検査、喀痰細胞診へと移ることになります。これらの検査だけでも多くの以上は発見できるのですが、さらに詳しく調べる検査もあります。たとえば、血管に造影剤を注射することによって血管を見えやすくしてレントゲンを撮る造影レントゲン。

肺がんが転移している場合を調べるのにはMRI検査も有効です。そのほかにも、気管支鏡検査、経被肺生検など、多くの方法で検査は行うことが出来ます。

これらの検査を行うことによって、ほとんどの肺がんを発見することが出来ます。以前は難しいとされてきた肺がんの早期発見ですが、このような検査を受けることにより発見が早くなり、治療も簡単にすることが出来るでしょう。