肺がん 治療法

肺がんの治療法について

肺がんの治療法を大まかに分類すると、外科療法・科学療法・放射線療法の3種類に分ける事が出来ます。

難しそうな単語が並んでいますが、ようは、「肺がんの治療法とは、大雑把に説明すると、手術するか、抗がん剤を投与するか、あるいは放射線を照射するかの3パターンに分けられる」という事です。

比較的初期の肺がんの治療法として、外科療法が有効です。

前述のとおり、外科療法とは手術でがん細胞を摘出するという方法です。

病状によっては、化学療法と併用する事もあります。

注意点としては、手術を受けたあと肺炎などの合併症に注意する事です。

抗がん剤を投与して肺がんの原因であるがん細胞を小さくするという治療法が、化学療法です。複数の抗がん剤を使用する事もあります。

ただ、化学療法だけで肺がんを治療するのは難しく、たいていは外科療法・放射線療法の補助として使用される事が多いのが現状です。

そして、脱毛やおう吐などの副作用が起こる事がある点が、化学療法のデメリットと言えます。

放射線療法は、文字どおり、がん細胞に放射線を照射する事によってがん細胞を殺すという治療法の事です。
放射線療法のメリットは、化学療法と比較して副作用が軽く済む事で、デメリットは、外科療法と違って一度に広範囲の治療が出来ない事です。

一度に広範囲の治療をするという事は、一度に大量の放射線を照射する事でもありますので、それは正常な細胞をもひどく傷つけてしまう行為につながり、大変危険です。

それ以外の肺がんの治療法について

外科療法・科学療法・放射線療法以外の肺がんの治療法として、免疫療法という方法があります。

肺がんの治療法としては耳慣れない治療法ですが、これも簡単に言えば、「人間が持っている免疫力を高める事でがん細胞を抑える治療法」という事になります。

外科療法・科学療法・放射線療法と比較して副作用が少ない点がメリットと言えますが、この治療法については、肺がんに効果があるかどうか現在検証中の治療法です。

つまり、免疫療法のデメリットとは、本当に効果があるのかどうかわかりかねるという点です。