直腸がん 生存率

以前と比べると、直腸がんは早期発見さえしてしまえば生存率はかなり高いと言われています。細かい検査や、症状の知識などを学ぶのが重要だといえるでしょう。

直腸がんの生存率

恐ろしい病気だと思われがちの直腸がんですが、早期発見さえ出来れば生存率は非常に高くなっています。これは、以前よりも医療技術が高まり、最新医療技術を使用しての治療に慣れた医師が増えてきたからです。

そのため、がんが肝臓や肺などの臓器に転移していなければ完治させることは難しくありません。この、がんの転移は非常に厄介で、発見が遅れてしまいがんがさまざまな場所に転移してしまった場合、とたんに治療が難しくなります。

がんの進行はこの転移の状況によって段階ごとに分類されます。

それぞれ、がんが転移していないステージ0 多少転移は見られるが、リンパ管、リンパ節への転移が見られず、粘膜の下層にとどまっているステージ1 リンパ節には転移していないものの、がんが広がっているものをステージ2 がんがリンパ節転移していると見られるものがステージ3 そして、肝臓や肺、骨などがんの転移が広がってしまっている状態がステージ4です。

このステージごとに分けられている進行で注目したいのが、その生存率です。がんが発見され、その後8年間の生存率がステージ0で100%に対して、ステージ4になると10%まで落ち込んでしまいます。

この数字を見ると、早期発見がどれほど生存率に影響があるかわかると思います。直腸がんにわずらっても早期発見が出来れば治療は難しいことではありません。少しで体に異常が見られたら、すぐに検査を行うようにしましょう。

直腸がんの生存率から見る治療法

直腸がんの生存率はがんの転移から分類されるステージで大きく変わります。そして、そのステージの数が大きくなればなるほどに生存率が低くなり、治療することが難しくなってしまいます。

ですが、最近になり医療技術の発展により、絶対に治すことが出来ないという病気は少なくなってきています。ですので、どのような状況になってもあきらめないことが重要です。

とはいえ、ステージの数が低いうち、がんを早期発見することが出来たならばそのような心配をすることがないので、体に異常を感じたらすぐにしかるべき病院で検査を行うようにしてください。

町長癌を早期発見することにより生存率を上げ、あなた自身を助けることでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク