転移性肝臓がん

転移性肝臓がんとは

肝臓がんは大きく分けると原発性肝臓がんと転移性肝臓がんの2種類に分ける事が出来ます。

肝臓からがん細胞が生じるものを「原発性肝臓がん」、他の臓器からがん細胞が肝臓に転移して肝臓がんに移行したものを「転移性肝臓がん」と言います。

元々肝臓から発生したがんではなくて他の臓器から転移して来たがんなのですから、厳密に言えば「○○(原発腫瘍の名前)がんの肝転移」と言うべきなのでしょう。

たとえば胃から肝臓へ転移したがんでしたら「胃がんの肝転移」、肺から肝臓へ転移したがんでしたら「肺がんの肝転移」というように。

しかし、肝臓への転移性のがんの発生の多さとがんが肝臓に転移して来る経緯が同じなため、「○○(原発腫瘍の名前)がんの肝転移」ではなくて「転移性肝臓がん」と呼ばれます。

肝臓は消化器を流れた血液が流れ込む場所であるために、消化器に出来たがんが血液に乗って肝臓まで運ばれた結果、肝臓にがんを作ってしまうという事が多いのではないかと考えられています。

肝臓は人体に必要なたんぱく質などの物質を作る、言わば「生産工場」の役目を果たしています。

たんぱく質など人体とって必要な物質を作る原料は、胃腸から吸収した栄養素です。

その栄養素は消化器から肝臓の門脈というところを通って肝臓へと運ばれます。そして肝臓で作られたたんぱく質などの物質は、肝静脈を通って肝臓から全身へと運ばれてゆくのです。

そして、肝臓の細胞自身も酸素を必要とします。そのため、肝動脈から酸素を取り入れているのです。

その栄養素の運搬をするのは血液です。

肝臓は入って来る血液も多ければ出て行く血液も多いのです。

そして、その大切な血液に乗って栄養素や酸素、たんぱく質などの人体に必要な物質だけではなく、がん細胞も肝臓に転移するのです。

消化器・肺・脾臓などがん細胞が元にあった場所はそれぞれでも、転移性肝臓がんは同じような経緯をたどって肝臓にがんを作ってしまうのです。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、よほど悪くならないと自覚症状が出る事がありません。そのため、転移性肝臓がんは他の臓器のがんの検査を受けた時に偶然見つかる事が多いのです。

転移性肝臓がんの最初の症状は体重の減少や食欲不振から始まる事があると言います。

がんが進行してゆくと肝臓が肥大してゆき、圧痛が出る事があります。

さらにがんが進行してゆくと、腹水がたまって腹部が膨張します。またさらにがんが進行して肝臓の機能が落ちると黄疸が出たり、人体に有害な物質が脳にたまる事によって肝性脳炎を引き起こしたりします。

転移性肝臓がんの治療は、元々がんが出来ていたところに応じて変わって来ます。

たとえば、胃がんからの転移性肝臓がんであればまずは胃がんの治療を、すい臓がんからの転移性肝臓がんであればまずはすい臓がんの治療をする、というような形になります。

手術で切除する事で生存率が上がる大腸がんからの転移性肝臓がんを除けば肝臓にがん細胞が肝臓に転移している時点で全身にがん細胞が転移している状態である事が多いため、転移性肝臓がんの治療の主流は抗がん剤などによる薬物療法になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク