下腹の痛み

下腹部の痛みの症状にはどんな病気があるでしょう。まず、妊娠初期症状として下腹に痛みが出ることがあります。そのほかは、右下や左下など場所によっても違いますが、肝臓や胃・子宮などの病気の恐れもあります。

下腹の痛みと妊娠

下腹の痛みは妊娠の初期症状で出るといわれています。妊娠15週までの期間を妊娠初期といいます。下腹の痛みは、妊娠がはっきりとわかる前の早い段階から出ます。

なんとなく下腹が張って痛いような、独特な痛みです。この痛みは子宮が大きくなっていることからきています。子宮の大きさは通常、長さ6.5~7.5センチ、重さにして50グラムくらいのものです。

それが、妊娠すると大きく伸び、一番大きい時で長さ36センチ、重さ1000グラムにもなるのです。痛いのも無理ありませんね。

妊娠初期には、この他に吐き気やおう吐がおこります。これを「つわり」と呼びます。

つわりは人によって症状や程度にかなり差があります。つわりが激しいから胎児に影響があるとか、つわりが少ないからおかしいということはありません。人それぞれなのです。

下腹の痛みと妊娠(出血を伴う場合)

下腹の痛みが出血を伴う場合、危険な兆候です。妊娠初期のこの症状は、流産の兆候のひとつでもあるからです。膀胱炎になったときもこの症状ですが、妊娠初期に起こった場合は、必ず医師に相談・受診してください。

下腹の痛みと盲腸(虫垂炎)

下腹の痛みは妊娠の初期症状として起こるというお話をしてきましたが、そのほかにもたくさんの病気の可能性があります。たとえば右下の痛みで一番に心配になるのが盲腸(虫垂炎)です。

一般的に、盲腸になった場合、右下腹に痛みを感じる人が多いですが必ずしもすべての人が右下腹に痛みを感じるわけではありません。

左下に痛みを感じる人もいます。また、頭痛やほかの症状が出る人もいれば、破裂寸前まで痛みをほとんど感じない人もいるようなのです。

右下腹に痛みを感じても、盲腸でないかもしれませんが、自分で判断せず一度医師に診てもらうことをお勧めします。

下腹の痛みと関係する病気

下腹の痛みと関係する病気はたくさんあります。激痛に襲われたり、顔色が黄色くなった場合は胆石や肝臓ガン・肝炎などの可能性があります。

また、食後に痛んだり、重たい感じがする場合は胃下垂や胃炎です。空腹時に痛み、食事をとると回復するがまた痛み出す場合は胃潰瘍の可能性があります。

胃もたれや吐き気や全身のだるさ、さらに痩せて食べ物の好みがかわったら胃がんの疑いがあるのですぐに医師に相談してください。

このように下腹の痛みは、内臓が発信しているSOSです。自己判断して無理したりせずに、医師に相談して的確な治療や処方せんを受けることをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク