肩甲骨 しびれ

肩甲骨としびれ(肩こり)

肩甲骨としびれにはさまざまな原因が考えられますが、肩こりも関係していると言われています。

肩こりがひどくなると肩甲骨にしびれや痛みを感じたり、頭痛や手にしびれを感じることもあります。

では、肩こりにはどんな原因があるのでしょうか。

肩こりの原因にはいくつか種類がありますが、整形外科的疾患では、筋肉の発達不良や使いすぎ、輪売り姿勢や関節異常、または椎間板ヘルニア五十肩などが考えられいます。

内科的疾患でいうと、高血圧・低血圧・貧血・狭心症・気管支炎などがあります。

精神的疾患でいうと、ノイローゼや自律神経失調症、うつ病などもその原因のひとつです。

その他、視力の左右差や眼精疲労などの眼科的疾患や、慢性副鼻腔炎などの耳鼻咽喉科的疾患、さらには虫歯や歯周病にまで起因すると言われています。

肩甲骨のしびれといっても、どこに原因があるのかは素人判断ではまったくわからないのです。

肩甲骨のしびれの改善(肩こり)

肩甲骨にしびれや痛みを感じるほど肩こりが激しい人は、肩こりの解消と肩こりを予防するようにどんなことに気をつければよいでしょうか。

まずは、日ごろから良い姿勢を保つことが大切です。

姿勢の良い体は健康の基本です。

姿勢が悪いと体のゆがみや関節痛の原因になります。

机といすの高さを適正なバランスに調整することも重要です。

左右の肩を均等に使うことや軽くて暖かい服装を心がけることもよいでしょう。

また、長時間パソコンやテレビの前に座りっぱなしのことが多い人は、1時間に一回程度は休憩して肩や足など体全体のストレッチを行って、血行を良くしましょう。

日常的に運動をすることも肩こりを予防するために重要なことです。

運動は体内の血行をよくし、こりをほぐすだけでなく、筋肉を鍛えることでの肩こり予防効果もあるのです。

運動はどんな種類でもかまわないので毎日無理なく続けられる自分にあった運動を行いましょう。

最近はやっているウォーキングなどもよいですね。

スポーツなどで思いっきり体を動かすのもいいですし、ウォーキングなどで体に負担をかけずに運動するのもよいでしょう。

このように、肩甲骨にしびれや強いこりを感じる人は体を動かして血行をよくしてみましょう。

肩甲骨のしびれと整骨院

肩甲骨にしびれを感じるほどの肩こりの人は整骨院に通われている方もいるかもしれません。

しかし、そういった肩こりで整骨院に通われている方はご注意ください。

整骨院は本来、骨折や脱臼・捻挫などといった骨に関する外傷を治療する目的で施術するところです。

そこで、慢性的な肩こりのためのマッサージを受け、健康保険を使用すると不正請求となります。

整骨院は肩こり解消のマッサージを受ける場所ではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク