グリベック C型肝炎

グリべックとC型肝炎などに使われるインターフェロンとの違いについて

グリべックはC型肝炎などに使用される事で知られる、インターフェロンよりも副作用の少ない薬として知られています。

では、グリべックとC型肝炎などに使用されるインターフェロンとは、どう違うのでしょうか?

グリべックは正式名を「イマチニブメシル酸塩」と言い、慢性骨髄性白血病の治療薬です。

(ちなみに、C型肝炎の薬害を引き起こしたのはグリべックではなくてフィブリノゲン製剤という血液製剤だという事を、蛇足ながらつけ加えさせていただきます)

そして、インターフェロンには、ウイルスなどの病原体やがん細胞の増幅を妨げる働きがありますので、C型肝炎や慢性骨髄性白血病などの治療薬として使われるのです。

前述のとおり、インターフェロンは副作用が強いので、慢性骨髄性白血病についてはグリべックが登場してからはグリべックの方が使用されるようになりましたが、C型肝炎でインターフェロン(厳密にはペグインターフェロン)とリバビリンという薬を併用する事があります。

リバビリンとは、抗ウイルス薬の一種で、日本ではC型肝炎に対して使用されます。

グリべックとともにC型肝炎ウイルスに感染していない血液も必要な白血病患者

慢性骨髄性白血病とC型肝炎の関係はグリべックかリバビリンかという、使用される薬に違いはあってもインターフェロンを使用しての治療法があるというだけではありません。

(リバビリンの方は普通はインターフェロンと併用して使用されますが)

(慢性骨髄性白血病に限らず全ての)白血病患者さんの血液中には出血を止めるための細胞・血小板が不足しているので、歯茎や鼻などから出血しやすい傾向があります。そのため、白血病の患者さんに輸血をしたり、血液製剤を使用する事があります。

輸血のために献血された血液は必ず検査をしていますが、C型肝炎ウイルスに感染していても検査に引っ掛からない血液も存在するのです。

その際に、C型肝炎ウイルスに感染した血液を輸血してしまう事もないとは言い切れません。

白血病患者さんにとって、輸血は生命をつなぐ、大事な医療行為です。

C型肝炎ウイルスに感染していない血液もグリべックやインターフェロンなどの治療薬とともに、どうしても必要なものなのです。

どうか、健康な方々にお願いします。

血液検査目的の献血は、絶対におやめ下さい。

そして、白血病の患者さんのご家族の方にお願いします。

白血病だから必ずC型肝炎にかかるというわけではないという事を、どうかご理解下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク