C型肝炎とは

C型肝炎とは

C型肝炎は最近になりさらに大きな話題になっている病気ですが、C型肝炎とはいったいどのような病気なのでしょうか。肝臓の病気であるC型肝炎は肝臓の細胞を壊し、肝臓の働きを悪くしてしまう病気です。

C型肝炎ウイルスは人の血液を通じて感染し、C型肝炎ウイルスに感染している人の血液が、健康な人の血液内に入ってしまうことによって感染してしまいます。

そのため、輸血や注射器などの使いまわしなどによって感染することがあり、感染する可能性は少ないながらも、母子感染などによる感染なども確認されています。

C型肝炎ウイルスに感染し、慢性化してしまうと経過と共に肝硬変や汗顔に進行してしまう可能性もあるために、早期発見、早期治療が重要だといわれていますが、このC型肝炎は自覚症状が現れることが少ない厄介な病気ですので、C型肝炎に感染していても気がつかない人が多く、それが重症化してしまう原因となっています。

C型肝炎とは放っておくと肝硬変や肝がんを併発してしまう恐れのある恐ろしい病気です。そのため、日ごろからの注意が必要なのです。

C型肝炎とは その特徴

C型肝炎とは慢性化してしまうと肝硬変や肺がんに進行してしまう恐れのある恐ろしい病気です。この病気に感染してしまっている人は、日本だけでも推定200万人以上だと言われています。

ですが、このC型肝炎は自覚症状が現れることが少ない病気です。そのため、自身がC型肝炎に感染していても気付かずに、放っておいてしまう人が多いために、実際はそれ以上の方がC型肝炎にかかっていると考えられています。

では、なぜC型肝炎は発見が遅れてしまうのでしょうか。

そもそも肝臓という臓器には普段生きていくために必要な能力の数倍の力があるといわれています。そのために、肝臓の細胞を壊してしまうこの病気にかかっていても、重症化してしまうまでは症状が出ないことが珍しくないのです。

それがC型肝炎の特徴で、大きな話題になっている原因です。C型肝炎とは自覚症状が現れないために自身で感染してしまっていると気がつきにくく、そのまま重症化してしまうケースが多い恐ろしい病気です。

自分だけは大丈夫だとは決して思わずに、病院でのこまめな検査が必要だといえるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク