C型肝炎 症状

C型肝炎の自覚症状

C型肝炎は日本国内でも200万人以上に感染している可能性のあるという恐ろしい病気です。この病気の厄介なところは、自覚症状が現れにくいというところです。

C型肝炎は肝臓の細胞を壊してしまう病気なのですが、肝臓という臓器には普段生きていくために必要な数倍の能力が備わっています。

そのため、この病気によって細胞が壊されてしまっていても、重症化してしまうまでには症状が現れにくいのです。

そのために、自分がC型肝炎に感染してしても気がつかずに、この病気が重症化してしまうことによって併発する可能性のある肝硬変や肝がんに進行してしまう恐れがあります。

また、この病気は輸血や注射器の使いまわし、まれな感染とはいえ母子感染してしまう場合などもありますので、自分では気がつかないうちに他人にC型肝炎を感染させてしまっているという場合もありえます。

厄介な病気であるC型肝炎は自覚症状が少なく、自分はもちろん自分の周りに居る人たちでさえも不幸にしてしまう可能性のある病気です。

それを防ぐために、日ごろからの注意が必要だといえるでしょう。

C型肝炎の症状

C型肝炎は重症化していないうちは自覚症状が現れることが少ない厄介な病気ですが、早いうちから症状が現れるケースもあります。

実際の症状としては、体がだるく感じる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐などです。

また、身体や白目が黄色くなったり尿の色がやけに濃い、清潔にしているのに身体がかゆいというような、黄疸が現れる場合や、肝臓が腫れ上がってしまうという症状も確認されています。

しかしC型肝炎によるこのような症状は、時間が経てば治ってしまい、10年や20年など長い時間を経過させて再び症状が現れる場合があります。

そのような場合はすでに重症化してしまい、肝硬変や肝がんになってしまっていたというケースもありますので、症状が落ち着いたからといって油断は出来ないでしょう。

自覚症状が少なく症状が現れてもそれが長く続かない場合があるという厄介な病気であるC型肝炎。もしこのような症状が現れたら、まさか自分がとは思わずに、病院での検査が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク