C型肝炎治療 国の補助

C型肝炎治療と国の補助

C型肝炎治療には国の補助が適用されることをご存知でしたでしょうか。C型肝炎は感染している人の血液が、他の人の血液に入ってしまうことによって感染してしまう病気です。

日本国内には200万人以上の患者さんの数がいるといわれていますが、慢性化するまでの自覚症状が少ないことと、重症化してしまうまでの潜伏期間が10年以上と長いから、これ以上の患者さんの数がいると考えられています。

このC型肝炎の治療には肝臓に直接働きかけ、ウイルスの増殖を抑制するインターフェロンという抗ウイルス薬での治療が中心となるのですが、2008年からこのインターフェロンを使用した治療に国の補助が適用されることが決定しました。
この精度は2008年4月から一年間という期間限定のものでしたが、2009年の4月からは制度が改定されて、さらに利用しやすくなりました。

インターフェロンは以前は長期的に使用することが難しい薬とされてきましたが、最近では薬の改良により身体にかかる負担を抑えて長期的に治療することが可能になりました。

C型肝炎治療にインターフェロンは効果的ですので、この治療を行う場合は国の補助を受けるようにしましょう。

C型肝炎治療での国の補助を申請するには

C型肝炎治療に効果のあるインターフェロンを使用した治療には、国の補助が適用されています。ですが、この国の補助を利用するにはきちんとした手順で申請を行わなければいけません。

このような申請には肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書や医師の診断書、保険証等の写し、住民票の写し、そして市町村民税課税年額を証明する書類などが必要になります。

医師の診断書は担当の医師へ相談することによって、保険証等の写しについては自分で用意することが出来ますが、肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書、住民票の写し、市町村民税課税年額を証明する書類などは各都道府県などによって手に入れることの出来る場所や提出する場所が異なります。

そのため、電話などによって問い合わせるか、インターネットでも簡単に調べることが出来ますので、利用してみてください。このような書類を提出し、認められることが出来たならば、インターフェロン治療の国の補助を受けることが可能になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク