C型肝炎 潜伏期間

C型肝炎には潜伏期間があり、感染してもすぐに発症するわけではありません。日ごろの検査がC型肝炎を早期発見する鍵だといえるでしょう。

C型肝炎の潜伏期間

C型肝炎には潜伏期間があり、感染してから発症するまでに時間がかかることをご存知でしたでしょうか。C型肝炎は血液を介して感染してしまうウイルス性の肝炎です。

他にA型、B型が存在するのですが、これは自然に治癒することであまり問題にはなっていません。しかし、このC型の肝炎は数年、場合によっては数十年の時間を置いてから発症するケースが多いのです。

この場合、肝臓がんや肝硬変などの恐ろしい病気に進展してしまう可能性が非常に高いことから問題になっています。このウイルスの恐ろしいところは、日本全国にすでに感染者が多数いるであろうということです。

発症までにタイムラグがあるこのウイルスですので発見が難しく、検査を行っていない人、日本だけで言えば約200万人もの感染者がいると言われています。

C型肝炎が潜伏している期間の間、人により体や白目の黄色化や、食欲不振や腹痛などといった症状が現れることがありますが、ほとんどが症状が現れずに静かに潜伏するといわれています。

C型肝炎が発症する前の潜伏期間のうちに発見するには、細かな血液検査が重要だといえるでしょう。

C型肝炎は潜伏期間のうちに検査を

C型肝炎は血液を介して感染するウイルスです。しかし、感染から発症するまでに潜伏期間があり、その間に体調不良などの症状が現れる確率は少ないといわれています。

C型肝炎は潜伏期間を過ぎてしまうと進行して肝硬変や肝臓がんなどの恐ろしい病気になってしまいます。

C型肝炎は感染するとほとんどの場合症状が現れることはありませんが、人により体や白目に黄色がかかったり、腹痛や吐き気などの症状が表れる場合もあるようです。

血液を解して感染するウイルスですので、輸血の経験がある方や、注射器の連続使用の経験がある方などは早めの検査が必要でしょう。C型可燃は潜伏期間の間に発見することが出来れば完治させることは難しくありません。

体調に問題が見られないという方も、日ごろの細かい検査が重要だといえるでしょう。