C型肝炎 感染経路

C型肝炎の感染経路

C型肝炎は最近になり日本国内でさらに感染者の数を増やしている恐ろしい病気です。この病気の厄介な特徴は、慢性化するまでに自覚症状が現れにくいというものです。

このような特徴のため、自分がC型肝炎に感染しているときがつかず、周りの人をC型肝炎に感染させてしまうということも考えられるでしょう。

C型肝炎は人から人へと感染することが確認されていますが、どのような感染経路から感染してしまうかをご存知でしょうか。

このC型肝炎は感染している人間の血液が他の人間の血液内に入ってしまうことによって感染します。

このような人から人へと感染してしまう病気は正しい知識を持って対応しなければ、感染している患者さんに対して精神的な負担をかけてしまったり、知らずうちに周りの人をC型肝炎に感染させてしまっていたという状態になってしまうことも十分に考えられます。

他人事ではなくなってしまった恐ろしい病気であるC型肝炎。この病気の正しい知識を付けて、慎重な対応をしていくことが重要です。

C型肝炎の主な感染経路

C型肝炎は人から人へと感染してしまう病気です。また、自覚症状が現れることが少ないために、自分がその感染経路に関する行動をしていて少しでも症状だと思われるものが出た場合には、すぐに病院へと足を運び検査することが重要です。

では、このC型肝炎はどのような感染経路によって感染してしまうのでしょうか。この病気は血液を媒介して感染することが確認されています。

そのため、C型肝炎ウイルスが含まれている血液を輸血した、注射器や針の使いまわし、また針が誤って刺さってしまった場合、入れ墨やピアス穴を開けた器具が適切に消毒を行われないまま使用されてしまった場合、このような場合に感染してしまうことが多いのです。

また、感染してしまう可能性は低いですが、母子感染なども確認されています。

これ以外の場合、例えば感染している人との握手や抱擁では感染しませんし、唾液にはウイルスが含まれないためにキスでも感染はしません。このようなことから、ウイルスに感染している人が身近にいたとしても、日常生活でC型肝炎に感染してしまう可能性はまれであると判断することが出来ます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク