C型肝炎 治療

C型肝炎の治療

C型肝炎は日本国内でも万人以上の人が感染していると考えられている恐ろしい病気です。

この病気は放っておいてしまい、慢性化してしまうと肝硬変や肝がんに進行してしまう可能性があります。そうなってしまうと治療が難しくなってしまいますので、このC型肝炎の治療には早期発見、早期治療がとても重要なのです。

しかし、この病気は重症化してしまうまでは自覚症状が現れることが少なく、自分が感染していることに気がつかない場合が多いです。

そのため、気がついたときにはすでに治療が難しい慢性化してしまっていたという状況が多くあります。現在、このC型肝炎への治療は抗ウイルス剤やその他の薬などでの治療が中心となっています。

ですが、このような薬での治療は当然副作用が存在してしまいます。このような副作用は、肉体だけではなく精神にも負担をかけてしまうので、病院でのこまめな検査によって早期に発見して、簡単な治療で済むようにしておくことが重要なのです。

C型肝炎治療と副作用

C型肝炎は自覚書状が現れることが少なく、感染して尾自分では気がつきにくい厄介な病気です。

ですが、薬を使った治療となるために、副作用による身体への負担を考えると早期発見、早期治療が非常に重要な病気といえるでしょう。

C型肝炎の治療にしようされるインターフェロンという抗ウイルス剤は主にインフルエンザのような副作用が現れるといわれています。具体的に挙げると、発熱、悪寒、頭痛、身体の倦怠感、関節痛や筋肉痛などです。

このような副作用は治療を始めたころは重く感じますが、治療を続けていくことによって軽くなっていきます。また、このような副作用のほかにも、まれな副作用として、うつ状態になってしまう患者さんもいるようです。

このような副作用は投与する量を減らす、就寝前に投与するようにするというような方法で軽減させることが出来ます。

副作用が厳しいと感じたならば、担当の医師に相談してみることが重要です。C型肝炎の治療には、無理せずゆっくりとした治療をおこないましょう。