C型肝炎 インターフェロン

C型肝炎とインターフェロン

C型肝炎は慢性化するまで自覚症状が現れることが少ないという厄介な病気です。

そのため、C型肝炎が進行してしまうことによって併発する可能性のある肝硬変や肝がんを、気がついたら患ってしまっていたという状態になってしまうことも少なくはありません。

このC型肝炎の治療には抗ウイルス薬であるインターフェロンという薬での治療が中心になります。

このインターフェロンという抗ウイルス薬は、現在のところC型肝炎治療に関して健康保険が適用される唯一の抗ウイルス薬としても知られています。

インターフェロンは肝臓の細胞に直接働きかけて、C型肝炎のウイルスの増殖を防いでくれる働きをしてくれる薬です。

C型肝炎の治療は薬を使用しての治療が中心です。それには、肝臓を守る働きをする薬やインターフェロンでウイルスを排除していく治療なのです。

しかしこのような治療には副作用も少なからず存在するために、早期発見、早期治療によって治療での体の負担を減らすことが重要です。

C型肝炎治療 インターフェロンの効果

C型肝炎の治療は薬を使用する治療が中心となりますが、インターフェロンという抗ウイルス薬はC型肝炎の薬治療での中心となる働きをしてくれます。

このインターフェロンを投与することによって、肝臓に直接働きかけてC型肝炎ウイルスの増殖を防いでくれる効果があります。これによって、インターフェロンを使用することでウイルスの削除、秒所の進行を遅れさせてくれるのです。

ですが、ウイルスの遺伝子型やその量などによって抗ウイルス薬であるインターフェロンの効果が変わってきます。

インターフェロンの使用だけでC型肝炎ウイルスの排除に成功するのは30%ほどとあまり多くはありません。

しかし、効果があった場合には何度も繰り返し治療を行うことによって、治療の成功率を上げることもできますので、あせらずに慎重な治療が必要です。

また、インターフェロンには副作用があり、身体や精神に負担をかけることがありますので、治療が厳しいようならばすぐに担当の医師に相談することが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク