C型肝炎 インターフェロン 副作用

C型肝炎治療 インターフェロンの副作用

C型肝炎は日本国内でも200万人以上が感染している恐ろしい病気です。他人事とは呼べなくなったこの病気を慢性化してしまうまで放っておいてしまうと、肝硬変や肝がんなどの病気へと進行してしまう恐れがあります。

現在、この病気の治療には抗ウイルス薬であるインターフェロンでの治療が中心となっています。このインターフェロンは現在のところ、C型肝炎の治療に効果的な抗ウイルス薬で、唯一保険が適用される薬となっています。

この薬を使用することによって肝臓に直接働きかけて、C型肝炎ウイルスの増殖を防いでくれる働きを持っています。

ですが、この薬には副作用があり、肉体や精神に負担をかけてしまう恐れがあります。

このような副作用が存在するために、治療の長期化は身体に負担をかけてしまう恐れがありますので、出来るだけ治療が簡単に済むように少しでもC型肝炎の感染の兆候が見られたら病院へ足を運び検査してもらうことが重要です。

C型肝炎 インターフェロンの副作用の症状

現在、C型肝炎にかかってしまった場合での効果的な治療はインターフェロンという抗ウイルス薬を使用したものが中心的です。

ですが、このインターフェロンには副作用があることが確認されており、長期にわたる治療には身体に負担をかけてしまう恐れがあります。では、実際にはどのような副作用があるのでしょうか。

インターフェロンの副作用はインフルエンザの症状に似たようなものが出るといわれています。詳しく症状をの例を出してみると、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、体にだるさを感じる、食欲不振などです。

このような副作用は治療はじめに強く出るといわれており、治療を続けていくと症状が軽くなるといわれています。

ですが、まれとはいえインターフェロンが投与された患者さんにうつ状態が現れるという副作用も確認されているようです。

このような副作用は投与時間の変更や量を少なくするといったような対応で少なくすることが可能ですので、治療が厳しいと感じた場合には無理をせずに担当の医師に相談することが重要だといえるでしょう。