C型肝炎 針刺し

C型肝炎は医療器具の使い回しによっての感染、いわゆる針刺し事故によって感染してしまう場合があります。輸血の経験がないという場合でも、血液検査が必要です。

C型肝炎の針刺し事故

C型肝炎は輸血や注射器の連続使用による感染のほかに、針刺し事故によって感染してしまう場合もあります。C型肝炎は血液を介して感染するウイルスです。

このウイルスは潜伏期間が長く、潜伏期間のうちに体調に変化などが現れる可能性も少ないので発見が遅れてしまうことで問題になっています。

通常、輸血でのトラブルや注射器の連続使用などにより感染してしまうことが多いこのウイルスですが、最近針刺し事故による感染が問題になっています。

この針刺し事故というのは、医療器具、注射器やメスなどを使いまわしてしまうことによって感染してしまう事故のことです。

これによって、輸血や注射器の連続使用をした覚えのない人にもC型肝炎の感染の恐れがあります。

最近になり大きな問題になった針刺し事故ですので、医療器具の使いまわしも減ってきてはいますが、それでも細かい検査は重要です。

C型肝炎は潜伏期間に症状などが現れず発見が難しいですが、検査によって発見さえ出来れば治療することは難しくはありませんので、輸血や注射器の連続使用などの覚えがない人でも、細かい血液検査が重要です。

C型肝炎の針刺し事故を防止するには

C型肝炎は輸血や注射器の連続使用などによる感染が多いのですが、メスなどの医療器具の使い回しによる感染、すなわち針刺し事故による感染が増えてきています。

そのため、感染するようなことをした覚えがないというような人でもC型肝炎に感染してしまう場合があり、細かな検査が必要です。

針刺し事故は大きな問題になっていますので、最近ではほとんど見ることはありませんが、それでも注意することに越したことはありません。

C型肝炎の針刺し事故を防止するには本当に信頼できる病院で医師を探し、治療を行ってもらうことが重要です。

そしてもしC型肝炎に感染するような覚えがないというような方で、体調や肌の色や目の色に異常が見られないというような方でも、細かい血液検査が重要だといえるでしょう。

信頼できる病院を作ることと細かな検査が、針刺し事故によるC型肝炎の被害を防ぐことになります。