網膜剥離とは

網膜剥離は放っておいてしまうと失明してしまう危険性のある恐ろしい眼の病気です。

眼の奥にある、カメラのフィルムのような役割を果たしている薄い膜である網膜。

網膜剥離は、この神経網膜が外側の網膜色素上 ...

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎という病気をご存知でしょうか。

眼球には瞳孔を作る虹彩、水晶体を調節してピントをあわせる働きを持つ毛様体、多くの血管によって栄養を運ぶ働きを持つ脈絡膜という三つの膜で構成されています。

...

がん,

子宮体がん(癌)検診の重要性

子宮体がん(癌)の検診は、女性にとって非常に重要な検診の一つです。

婦人科の癌の中でもっとも多いのは子宮がんです。

そして、子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんのふたつに分けられます。

霰粒腫の手術

霰粒腫(さんりゅうしゅ)はまぶたに腫瘤ができ、腫れてしまう病気です。

その腫れ方から一般的に『ものもらい』などと呼ばれている麦粒腫と混同されがちですが、麦粒腫の症状である痛みやかゆみ、熱などといったものがほとん ...

霰粒腫になる原因

霰粒腫(さんりゅうしゅ)はまぶたに腫瘤が出来てしまう病気。

麦粒腫と見た目はよく似ていますが、麦粒腫の症状に現れるかゆみや痛み、熱などが、霰粒腫ではほとんど現れません。

では、霰粒腫はどのような ...

霰粒腫とは

霰粒腫(さんりゅうしゅ)という病気をご存知でしょうか。

まぶたが赤く腫れ上がり、痛みやかゆみを感じる病気を麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、俗に『ものもらい』などと呼びますが、この霰粒腫はそのものもらいと非常によく似た病 ...

翼状片とは

翼状片(よくじょうへん)という病気を御存知ですか?

翼状片とは、最近特に構成者の方を中心に問題になっている眼の病気です。

この病気は、白目の表面を覆っている結膜組織と、その下にあるテノン嚢といわれてい ...

翼状片の治療

翼状片は白目の表面を覆っている結膜と、その下にあるテノン嚢といわれている部分が異常に増殖し黒目まで侵入してきてしまう病気です。

ほとんど痛みなどはありませんが、違和感や異物感を感じること、症状が進むと視力が低下 ...

麦粒腫とは

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)という病気を耳にしたことはあるでしょうか。

聞いたことのない方でも『ものもらい』と聞けばご存知の方は多いでしょう。

地方によって『ものもらい』や『めいぼ』、『めばちこ』などとさ ...

白内障手術の後遺症

白内障手術の後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。

白内障は目のレンズである水晶体に濁りが出てしまい、それによって視力低下や、最悪の場合は失明の恐れがある病気です。

この病気の治療には、 ...