インフルエンザ

新型インフルエンザの予防法

新型インフルエンザの予防法と言っても特別な事をする必要はありません。

通常の季節性のインフルエンザとほとんど違いがないからです。

具体的には次のとおりです。

第一に手洗いう ...

インフルエンザ

新型インフルエンザ対策とは

2009年に流行した2009年新型インフルエンザ(A型H1N1亜型インフルエンザ、豚インフルエンザとも呼ばれます)は通常の季節性のインフルエンザと同じ扱いになり、「新型」インフルエンザではなくなりま ...

インフルエンザ

2009年新型インフルエンザの症状について

新型インフルエンザの定義は「新たにヒトに感染が確認されたインフルエンザウイルスによるインフルエンザ感染症」の事を差します。従って、2009年に新型インフルエンザと呼ばれたA型H1N1亜型インフ ...

インフルエンザ

リツキシマブ 投与後のインフルエンザワクチン接種リツキシマブ投与後のインフルエンザワクチン接種は意味がないか

2009年新型インフルエンザ(A型H1N1亜型インフルエンザ、豚インフルエンザとも呼ばれます)については現在は普通の季節性イン ...

インフルエンザ

嘔吐・下痢・腎機能障害が意識障害とともに出た場合にはインフルエンザ脳症を疑え

インフルエンザの症状の一つに38℃以上の熱が急に出る事があげられますが、インフルエンザ以外の感染症でも高熱が出る事があります。そのうちの一つがRSウイルス感染 ...

インフルエンザ

インフルエンザで下痢や吐き気のある時には

38℃以上の高熱が突発的に出たり、咳や鼻水が出たり、倦怠感などの全身症状が強く出ればインフルエンザの症状が出たと認識出来ますが、インフルエンザにかかって嘔吐や吐き気、下痢などの消化器の症状が出る ...

インフルエンザ

新生児も幼児もおとなもインフルエンザ対策は大切

胎児期にお母さんの胎盤を通じてもらった抗体やお母さんからの初乳に含まれる抗体は生後数カ月で消滅します。

そして、幼児の体内で自分自身の免疫機能が完成されてゆくのです。

インフルエンザ

乳幼児に対するインフルエンザ対策とは

インフルエンザのワクチンの効果がその人の持つ免疫の力がどれくらいあるかという事に左右されますので、最も免疫機能が働く青年層に最も効果が現われ、逆に最も免疫機能が未熟な乳幼児や免疫力が弱い高齢者に最も ...

インフルエンザ

b型の莢膜多糖体を持つインフルエンザ桿菌は恐ろしい

ウイルスと菌(細菌)はよく混同されますが違うものです。

その違いを簡単に説明すると、細菌は細胞分裂で増殖する微生物であるのに対して、ウイルスは自分の遺伝情報(DNA)とそれ ...

インフルエンザ

新型インフルエンザによってパンデミックが起こった場合の対応策はあるか

新型インフルエンザとは、それまでヒトには感染しなかったインフルエンザウイルスが新たにヒトからヒトへと感染するようになったインフルエンザの事を差します。

イ ...