B型肝炎 抗体

B型肝炎の抗体

B型肝炎はワクチンを注射することによって体内に抗体を作り出し、病気の感染、発症を予防するという方法があります。

B型肝炎は感染している人の血液や体液などが感染していない人の体内に入り込むことによって感染してしまう可能性のある病気です。

この病気は感染しても自然治癒することが多いのですが、治療せずにそのまま放置してしまうと悪化する場合があり、悪化してしまうと症状が現れる場合もあります。

この病気は抗体によってその原因となるB型肝炎ウイルスの感染を防ぐことができ、感染すると自然とその体内に抗体が作り出される場合もあります。

この病気の予防策のひとつとして、体内にB型肝炎のワクチンを注射し、体内に抗体を作り出すというものがあります。このような抗体が体内にあることにより、B型肝炎が感染しても発症を防ぐ働きを持ちます。

B型肝炎 抗体の種類

B型肝炎は体内に抗体がある場合、感染しても発症を防いでくれます。B型肝炎にはいくつかの抗原があり、それによって対応してくれる抗体も異なってきます。

そのため、ひとつの抗体を持っていたとしても異なる抗原が侵入してきた場合防ぐことが出来ませんので注意が必要です。

B型肝炎の場合、抗原はHBs抗原、HBc抗原、HBe抗原と3種類あり、それに対する抗体はHBs抗体、HBc抗体、IgM-HBc抗体、IgG-HBc抗体、HBe抗体と5種類存在します。

それぞれ、B型肝炎が感染すると体内で自然と作られる可能性を持ち、それがこの病気の自然治癒率の高さの理由です。

このような抗原と抗体の関係により、治療法も変わってきますので、担当の医師と相談をして、しっかりとした治療、予防をしていくことが重要です。

また、母子感染の場合には妊婦が妊娠中にB型肝炎に感染したことが検査によって判明した場合、新生児に抗体が投与されます。

この場合、注射は数回行われ、ワクチンによる抗体の誕生の効果が薄い場合には追加で接種される場合もあります。