B型肝炎とは

B型肝炎とは

B型肝炎という病気をご存知でしょうか。この病気はB型肝炎ウイルスが原因となって起こってしまう病気で、感染している人の血液や体液などが感染していない人の胎内に入り込むことによって感染してしまう可能性のある病気です。

このような感染原因から、以前までは輸血による感染が非常に多かった病気です。

ですが最近では対策もしっかりと行われており、輸血が経路となっての感染はほとんど見られなくなりました。

現在での主な感染経路は臓器移植、注射器の針刺し事故や注射などの針の使いまわし、母子感染などです。

また、入れ墨を入れる際に針を使いまわしている場合などに感染してしまう可能性があります。

最近では入れ墨を入れる際も針の管理に気をつけているところもありますが、注意が必要といえるでしょう。

この病気は自然治癒することも多いのですが、放置してしまい悪化すると多くの疾患の原因となる場合もありますので、十分な注意が必要です。

B型肝炎とは その種類

B型肝炎は感染してしまっている人の血液や体液などが、感染していない人の体内に入り込むことによって感染してしまう可能性のある病気です。

このB型肝炎は感染し、発症しても自然に治癒してしまうことが多く、大体の人は期がつかないまま完治してしまいます。

ですが、一時的に発症する人、また、慢性的に症状が続いてしまう場合があります。それぞれ種類が、急性B型肝炎、慢性B型肝炎と分かれています。

急性B型肝炎の場合発症は一時的で、皮膚や粘膜が黄色く染まる黄疸が現れたり、全身に倦怠感が現れるなどの症状が現れます。

ですがこのような症状は2ヶ月ほどで治まり、完全に治ってしまいます。ですが慢性B型肝炎の場合はこのような症状が急性肝炎の場合よりも長く続き、悪化してしまうことによって肝細胞が破壊されて肝硬変や肝がんなどの病気になってしまう可能性が高くなってしまいます。

慢性B型肝炎になってしまう場合は母子感染によるB型肝炎というケースが非常に多く、そのほかの理由による感染でのB型肝炎の場合、慢性肝炎になることはほとんどありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク