悪性胸膜中皮腫

悪性胸膜中皮腫とは

悪性胸膜中皮腫という病気をご存知でしょうか。近年とても問題になっているこの病気は、石綿、いわゆるアスベストと深い関係を持っています。

アスベストは建設現場や造船業などで多く扱われていますが、このアスベストを吸入してしまうと人体に悪影響を及ぼしてしまうことが近年判明しました。

これによって、アスベストは世界的に使用が削減、禁止になったのですが、そのアスベストを吸引してしまうとなってしまう可能性のある病気というのが悪性胸膜中皮腫なのです。この病気の特徴のひとつに、潜伏期間の長さがあります。

この病気は被曝してから発症するまでの期間は20年から50年ととても長く、アスベストが多くある環境で働いていた人などは不安を感じる人が多いのです。

この病気は進行してしまうと治療することが難しく、放っておいてしまうと命に危険が及ぶ恐ろしい病気です。そのため、アスベストを扱うような職場で働いていた場合は、病院で定期的な検査を行うことが重要です。

悪性胸膜中皮腫 早期発見の重要性

悪性胸膜中皮腫はアスベストを吸引してしまうことによって被曝してしまう可能性のある病気で、治療がとても難しい病気として問題になっています。

この病気は症状として片側の肺に異常が現れ、咳や胸の痛み、呼吸困難などが現れます。この病気は発症するまでの期間が長く20年から50年あるのですが、胸板などの症状が現れてしまうと、そこから検査をしても治療が難しい場合が多いのです。

この病気になってしまった場合は、現在ではまだ有効な治療法がありません。そのため、侵された側の肺を摘出するといったような治療しかありません。

ですが、症状が現れないようなまだ病気が進行していないうちに発見することが出来れば治療することも可能です。そのため、この悪性胸膜中皮腫は早期発見はとても重要な病気でもあるのです。

この病気は胸部X線での検査で発見することが出来ます。このような検査は病院で受けることが出来ますので、被曝している可能性がある場合には病院での定期的な検査を行うことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク