悪性胸膜中皮腫 病期

悪性胸膜中皮腫の病期

悪性胸膜中皮腫には病期が定められており、病期がどこまで進行しているかによって治療の方針などを決めていくことになるでしょう。

この病気は現在大きな問題になっている病気の一つで、アスベストの吸引により発症する可能性があり、治療が難しい病気です。

現在、この病気はまだ有効な治療法が見つかっておらず、病気の進行度合いによっては侵されている肺を摘出するしか治療する方法がないという場合もあります。そのため、病期を定めることによっての治療方針の決定は非常に重要です。

悪性胸膜中皮腫の病期の決定は病気の進行度合いが低い方からⅠ期、それがⅣ期まで定められています。

がんが体のどのような場所まで広がっているかによって定められるこの病期は胸部X線検査、CTスキャン、磁石や電波などによって胸部を撮影する磁気共鳴イメージングなどの機器を用いて検査します。

悪性胸膜中皮腫はひとつでも病期が進行すると治療が難しくなってしまう上に、発病までの期間が長い厄介な病気でもあります。そのため、こまめな検査による早期の発見が重要です。

悪性胸膜中皮腫 病期の分類

悪性胸膜中皮腫にはがんが体のどのあたりまで広がっているかによって定められる病期というものがあります。この病期によって今後の治療の方針などが決められるので、このような病期を検査することは非常に重要だといえます。

悪性胸膜中皮腫の病期は病気のの広がりが軽い方からⅠ期、それがⅡ期、Ⅲ期、Ⅳ期と定められています。Ⅰ期はⅠa期、Ⅰb期と分類されています。

それぞれ、Ⅰa期は壁側胸膜に腫瘍が認められるが、臓側胸膜には確認されていない。Ⅰb期は壁側臓側、両胸膜に腫瘍が散らばっている。Ⅱ期は胸膜だけではなく肺にも腫瘍が散らばっている、または胸膜全体に腫瘍が広がっている。

Ⅲ期の場合、外科手術での切除が可能な範囲で胸壁、縦隔脂肪織に広がっている。Ⅳ期になると、横隔膜や縦隔臓器、または反対側の胸膜、離れた臓器などに広がっている。

と分類されています。それぞれ病期の数が大きくなるにつれて治療が難しくなります。現在では、この病気に対する効果的な治療法は見つかっていません。そのため、少しでも早い発見が重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク