がん

肝臓がんの症状~初期から末期まで~

肝臓がんとは「中高年の男性がアルコールの飲み過ぎで起こる病気」のイメージがあります。

確かに、肝臓がんにかかる人を性別で見ると、女性よりも男性の方が多く、肝臓がんにかかった人・肝臓がんで亡 ...

がん

末期の肝臓がんなどがんの患者さんの食事について

肝臓とは解毒などの人体にとっては生命にかかわる機能を持つ臓器です。そのため、末期の肝臓がんになって悪くなった肝臓であっても、肝臓を完全に摘出して他の臓器を肝臓の代わりの臓器にするという事が ...

がん

肝臓がんは末期にならないと症状は現れない?

「それまで特につらい症状を訴える事がなかった家族が、ある日腹痛で病院に言ったら『末期の肝臓がんでもはや手術も不可能です』と言われた」という話を耳にした事のある方もいらっしゃるかもしれません。

がん

甲状腺がんとは

甲状腺がんとは、甲状腺という臓器に出来る腫瘍の中でも上皮細胞由来の悪性の腫瘍(=がん腫)をそう呼びます。

甲状腺に出来るしこりについてお話すると、甲状腺全体が腫れて来る「びまん性甲状腺腫」と、甲状腺が部分的に ...

がん

肝臓がんの闘病記を読むという事について

肝臓とは「沈黙の臓器」と呼ばれ、よほど悪くならなければ症状が現われない事から早期発見が難しいとされて来ましたが、最近では喫煙やアルコール以外にも肝臓がんを発症するリスクを高めるものがかなり解明され ...

がん

肝臓がんが末期になると、緩和医療しかない?

肝臓とは「沈黙の臓器」と言われます。何故ならばよほど肝臓の状態が悪くならなければ症状が現われないからです。

肝細胞を原発巣とする肝細胞がん(以下肝臓がんと表記します)についてお話す ...

がん

肝臓がん克服のカギは免疫力にある?

肝臓がんを大きく分けると、肝臓を原発巣とする原発性肝臓がんと他の臓器からがんが転移して来て肝臓にがんを発生させた転移性肝臓がんの2種類に分けられます。

原発性肝臓がんをさらに細かく分けると ...

がん

前立腺がんの名医は東京(首都圏)だけにいるわけではない

前立腺がんに限らずがんの名医と言えば東京(具体的には首都圏)にいるというイメージがあります。

たとえば「トモセラピー(TomoTherapy)」と呼ばれる、強度変調放射 ...

がん

もし、自分の家族や友人が膵臓がんで余命宣告を受けたら?

膵臓がんは悪性度が高く転移しやすい、しかも外科療法(=手術)でがんを切除しても極めて再発しやすいという特徴を持っていますので、医学が発達した現在でも治療の難しいがんで、「がんの王様 ...

がん

食道がんになった時にはどの病院に行くか

食道がんは昔は予後不良のがんの一つでしたが、現在ではリンパ節転移さえなければ80%以上の確率で完治するとさえ言われるようになりました。しかし、それを逆に言えば、リンパ節転移があれば現在でも怖いがん ...