がん

膵臓がんに使われる抗がん剤とは

膵臓がんを最も確実に治療する方法とは外科治療、いわゆる手術です。

しかし、膵臓がんは悪性度が高くて進行が早いため、手術が可能な患者さんは限られていると言います。

もし、膵臓がんの手 ...

がん

膵臓がんの手術とは

膵臓がんの治療法についてお話しましょう。

膵臓がんの治療法は、外科療法(手術)・化学療法(抗がん剤による治療)・放射線療法の3種類のいずれか、あるいは化学療法と放射線療法を組み合わせた化学放射線療法など、 ...

がん

食道がんは術後のフォローが大切

食道がんとは悪性度が高くて転移や再発の危険性も高い、消化器系のがんとしてはやっかいながんのうちの一つです。

しかし、最近では検査技術とともに治療の技術も上がって来ているために食道がんの早期発見 ...

がん

膵臓がんのステージ分類は2種類ある

多くのがんがそうであるように、膵臓がんもステージ(病期。がんの進行度と訳される場合もあります)分類されます。そして、そのステージや患者さんの状態などを考慮してどのように膵臓がんを治療してゆくのかを決め ...

がん

膵臓がんのステージ(病期)と治療法

近年がんの治療技術・検査技術の向上によりがんの治療成績もアップして来て、がんの患者さんの生存率も高くなって来ました。しかし、残念ながら現在でも「治療が難しい」とされるがんもあります。膵臓がんがそれにあ ...

がん

食道がんの手術後の問題点

食道がんの手術とは、一般的には食道に出来たがんを取り除き、食道を可能な限り広い範囲で切除したあとに食道の付近にあるリンパ節を取り除くという事をします。そして、それを済ませた後には切除した食道の代わりとして胃を引 ...

がん

食道がんは予後不良のがんか?

食道がんとは昔は予後不良のがんの一つでした。

その理由として、食道がんの手術によって死亡する事があった事と、食道がんを無事手術で切除出来たとしても再発する確率が高かった事、そして、食道がんの転移 ...

がん

食道がんの転移

食道がんは昔は「予後不良のがんの一つ」と言われていましたが、その検査の技術とともにその治療の技術も上がって来ています。そのため、「食道がんはリンパ節に転移しなければ80%以上は完治する」とさえ言われるようになりました。

がん

食道がんの再発と治療

食道がんはその原発巣である食道自身や食道の壁に血管やリンパ管が多く集まっている事と、食道にしょう膜と呼ばれる丈夫な膜がないため、元々がんが出来た食道の粘膜から食道の壁を破ってがんが血管やリンパ管に入り込んで血行転移 ...

がん

食道がんの症状

食道がんは日本では10番目に多いがんです。性別で言えば女性よりも男性の方が罹患者の数が多く、「男性は女性の5倍罹患者がいる」と言われているのが現状です。

食道がんは若年層よりも高齢者に罹患者が多い事もあり、食 ...