がん

「転移性肝臓がんの生存率はどこからがんが転移して来たかによる

転移性肝臓がんとは他の臓器からがん細胞が肝臓に転移してがんを発生させたものです。

本来ならば「○○(がんが発生した元の臓器)の肝転移」と呼ぶべきなのですが、肝臓に ...

がん

肝臓がんには抗がん剤は効果が薄い?

肝臓がんの治療法としては手術療法で肝臓内の腫瘍を摘出する方法が主流です。

しかし、肝臓がんの状態が悪く、手術療法や局所療法だけでは効果が薄いと判断される場合には抗がん剤を使った化学療法を選 ...

がん

今と昔では違う慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんの食事療法

肝臓がんは他の臓器からの転移によるものを除けばいきなり肝臓にがんが発生する事は稀です。多くは慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんへと病状が移行するケースです。

そのため、肝臓がんを ...

がん

肝臓がんの検査を積極的に受けた方が良い人とは?

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれます。

その名のとおり、身体のために黙々と働き続け、肝臓がその機能を果たす事が出来なくなった事を示すいわば「肝臓が悲鳴を上げる」時とは、よほど肝臓の ...

がん

肝臓がんは再発しやすい

肝臓がんに限らずがんは一度治療を受けて治ったように見えても、何年かするとがんが再発する事もあります。また、これも肝臓がんに限りませんが、元の臓器のがんが他の臓器に転移という形での再発という事もあります。

がん

肝臓がんのステージ(病期・進行度)

肝臓がん(多くは肝細胞がんを差します)は放っておくとどんどん大きくなってゆきます。そして、肝臓内や他の臓器へとがんが転移してしまいますので、肝臓がんが進行すればするほど治療が困難になってしまいます。

がん

「肝臓がんの治療方針を決めるにあたって」

肝臓がんと診断されたら、その治療方針を決める事になります。

肝臓がんには手術療法・ラジオ波凝固療法・血管塞栓療法(けっかんそくせんりょうほう)・肝臓移植など様々な治療法がありますが、 ...

がん

肝臓がんの手術療法

肝臓がんの治療法としては、手術療法が主流になります。

手術療法とはがんの組織を切除する事で治療をする治療法の事です。

肝臓は正常であればその三分の二を切除しても充分に肝臓の機能を果たしますし、 ...

がん

肝臓がんにならないための食事とは

「沈黙の臓器」と呼ばれ、黙々と私たちの身体に有害な物質の解毒や栄養素の代謝や栄養の貯蔵をするために働いている肝臓。その大切な肝臓はよほど機能が低下しなければ症状として現われる事がありません。それだけに、 ...

がん

転移性肝臓がんとは

肝臓がんは大きく分けると原発性肝臓がんと転移性肝臓がんの2種類に分ける事が出来ます。

肝臓からがん細胞が生じるものを「原発性肝臓がん」、他の臓器からがん細胞が肝臓に転移して肝臓がんに移行したものを「転移性 ...